jobin33375の日記

jobin33375.exblog.jp
ブログトップ
2015年 05月 04日

下関国際の魅力


山口県の春のテッペンに駆け上がった下関国際の試合を初めて観戦したのは、2011年夏の県決勝大会・準々決勝の南陽工戦でした。
大槻投手の好投と終盤の集中打で強豪・南陽工を5-1で撃破し、準決勝進出の快挙を達成しました!

b0341242_16591485.jpg
b0341242_16590101.jpg
b0341242_16584568.jpg
b0341242_16583213.jpg


続く準決勝で、優勝した柳井学園に敗れ決勝進出は成りませんでしたが非常に印象に残るチームだったと記憶しております。

その翌年の2012年の10月だったと記憶しておりますが、下関中央工業Gでの練習試合(山口県桜ヶ丘を加えた変則W)での出来事が
ある意味衝撃的な記憶として今でも脳裏に刻み込まれております。

それは試合前の練習時の選手の元気の良さと笑顔でした!


(何で国際の選手はこんなに楽しそうに練習出来るんじゃ?普通ノックを受ける時は真面目な表情でボールを追いかけると思うんじゃが・・・)


監督(コーチ?)のノックのボールを捕り損ねた選手が帽子を取り笑顔で叫びます。

『もう一丁!もう一丁お願いします!!』

『何やっとんじゃー!今度は捕れよ~、オラ~!』

他の選手が冷やかし混じりにに叫びます。

この選手が次のボールも取り損ねてしまった時、ノッカーの方がこう叫びました。

『おい、○○!お前腕が伸びる特技があるんじゃねーのかー(笑)次のボールは腕を倍に伸ばして捕ってみろー!』
『腕が伸びんならグラブを倍に大きくして捕ってみー(笑)』

選手一同大爆笑の中、ノッカーの放った次のボールを見事にキャッチしたその選手が満面笑みで叫びます。

『これがオレの真の姿です!!』

またまた爆笑する選手と、苦笑いしながら次の選手へ向けてボールを放つノッカーの方。。


(何じゃこりゃ??こんな練習風景、オレ過去に見た事ないわ。。)


このシーン、本当に衝撃的でしたね。

試合後、快腕・岡野投手に私学大会で撮影した写真をプレゼントした時、岡野君や他の選手が異口同音に言った言葉それは。。


『ボクらは伸び伸び楽しく野球をさせてもらってます♪監督やコーチには本当に感謝してますよ!』


b0341242_16580752.jpg

岡野投手



伸び伸び野球が魅力の下関国際高校



この出来事以来、密かに下関国際を注目し続けて来た私。

昨夏も好右腕・大辻投手を擁し注目されましたが、惜しくも県決勝大会進出目前で敗れてしまった下関国際。

b0341242_16573172.jpg

大辻投手




大辻投手の悔しさを人一倍感じていた男、それは2年生ながら正捕手として大辻投手の球を受けていた吉中捕手だと私は思います。

b0341242_16552734.jpg



一冬超えて3年生となった吉中選手の充実振りは本当に凄いです!
下関国際の春季山口県大会優勝の立役者は間違いなくこの男ですね!(キッパリ)


宇部商・宮崎兄、宇部鴻城・岡田、柳井商工・福永、山口県桜ヶ丘の柴田と県内には素晴らしい打者が何人もおりますが
私が実際に見た選手の中ではこの吉中選手が現時点ではNo1ですね!

b0341242_18380429.jpg


県決勝大会の初戦の柳井学園戦が5打数3安打3打点。
準決勝の徳山商工戦も4打数3安打3打点と大活躍を見せてくれた吉中選手。
ミート・パワー・勝負強さの全てに於いて県内の選手の中では突出しております!

伸び伸び野球の申し子、伸び伸びモンスターの吉中選手の今後の更なる活躍に期待したいと思っております♪

と言う事で今日はこのへんで。

ジョビンでした♪


[PR]

by jobin33375 | 2015-05-04 19:30 | 高校野球(2015年4月~)


<< 岩国五橋vs航空自衛隊防府(第...      平成27年度光市長杯 >>