jobin33375の日記

jobin33375.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:高校野球(2014年秋季山口県大会)( 18 )


2014年 10月 06日

宇部鴻城vs下関工(平成26年度山口県体育大会県決勝大会)


【試合結果】

下関工  000 010 040  5
宇部鴻城 110 012 01 X  6



第一試合の宇部商vs桜ヶ丘戦の試合終盤からポツリポツリと雨が降り始めた津田スタジアム。
この第二試合の2回表から雨足が強くなり始め、撮影を中断し観客席通路奥へと退避した私。
(津田スタジアムは球場に屋根が設置されて無いんです)

通路奥からはグランドが全く見えず、今手元にある自家製スコアブックも2回表の下関工の攻撃時以降は白紙の状態となっております。

15,000人収容出来る比較的大きな球場の津田スタジアム。
周南市の来年度予算は現時点(10月)ではまだ概算だと思われますので、もし可能ならば来年度の予算作成時にはメインスタンド改修工事として
屋根設置工事費を是非計上して頂きたいですね。来年度予算への計上が無理だとしても、長期案件として是非検討して頂きたいと思っております。
(ちなみに約定工期は県予選の終わる8月から翌年の6月ENDの11ヶ月が望ましいと思われます。すみません、光市民の私が横着言いまして)


試合の方に戻りますが、上記の通り2回以降の試合内容は残念ながら殆ど把握出来ておりません。
以下、降雨の中頑張った選手の為に本降りになる直前まで撮影した写真を全てUpしておきますね。

b0341242_15474795.jpg
b0341242_15473273.jpg
b0341242_15472242.jpg
b0341242_15470286.jpg
b0341242_15462106.jpg
b0341242_15460765.jpg
b0341242_15455547.jpg
b0341242_15453925.jpg
b0341242_15452539.jpg
b0341242_15451486.jpg



この試合の勝利によって宇部商に続いて秋季中国地区大会出場が確定した宇部鴻城。

宇部鴻城新チーム、かなり強いです!(キッパリ)

この日、秋季中国地区大会進出を決めている広島新庄が偵察に訪れておりましたが、宇部鴻城は秋季中国地区大会でもかなり期待が持てると思っております!


2012年夏、笹永・金丸を擁し悲願の甲子園出場を果たした宇部鴻城。
あの夏の熱き日々の事は今でも忘れる事が出来ません!!

b0341242_18002767.jpg
b0341242_18001673.jpg
b0341242_18000717.jpg
b0341242_17595563.jpg
b0341242_17594660.jpg
b0341242_17593604.jpg
b0341242_17591843.jpg

b0341242_17590578.jpg
b0341242_17581805.jpg
b0341242_17575815.jpg



秋季中国地区大会で勝ち進み、甲子園で躍動する選手の姿を再び撮影出来る日が来る事を期待しております!
選手の皆様、どうか頑張ってくださいね!!


一方、敗れたとは言え三位決定戦が残っている下関工。
秋季中国地区大会進出の掛かる大一番の対戦相手は勢いに乗る桜ヶ丘に決まりました。

私の下関工に対する印象は、突出したチームと迄は行かないものの攻走守いずれも水準以上の戦力で毎年必ず県上位に食い込んでくる好チームと言うものです。
今秋の下関工は、現時点でおそらく県No1と思われる鉄壁の守備力を誇る守備型のチームだと思います!
守りからリズムを作り少ないチャンスを確実に物にし接戦を勝ち上がる、これが新チームのカラーだと思っております。

桜ヶ丘は投打共にタレントの揃う実力校ですが、おそらく接戦になるのではと予想しております。
秋季中国地区大会出場の最後の1枠を巡る両チームの熱き戦いに期待しております!!

ジョビンでした♪


[PR]

by jobin33375 | 2014-10-06 18:42 | 高校野球(2014年秋季山口県大会)
2014年 10月 05日

宇部商vs山口県桜ヶ丘(平成26年度山口県体育大会県決勝大会)


この試合に勝てば秋季中国地区大会進出が決まる大一番となった本日の準決勝の2試合。
第一試合は投打充実の宇部商と、好左腕・野原・赤丸急上昇中のスラッガー・柴田を中心に勢いに乗る桜ヶ丘の注目の対決となりました!

まずは試合の結果から。

久々の甲子園出場へ向けて気合充実の宇部商が桜ヶ丘を下し、2年連続での秋季中国地区大会進出を決めました!



【試合結果】

桜ヶ丘 000 000 200  2
宇部商 000 500 11X  7



この試合の勝利の立役者は何と言ってもこの選手です。
宇部商先発の小幡投手(2年)です!

b0341242_16561504.jpg



宇部商に田上・好永クラスの好左腕がいる



小幡投手の名前は結構早い時期に耳にしていた私。
本日念願叶い、やっと彼のピッチングを見る事が出来ました!

小幡投手、良い投手ですね~♪(ニッコリ)
立ち上がりはストレートが走らず苦労しておりましたが、宇部商が大量得点を挙げた4回以降気持ちに余裕が出来たのか明らかに球にノビが出て来ましたね。
ストレートの球速は120K前半~中盤が大半でしたが、緩いカーブと2種類の変化球を巧みに混ぜながら強打の桜ヶ丘打線を翻弄しておりました。

この小幡投手、打つ方でも抜群のセンスを感じさせてくれました。

4回裏の宇部商の攻撃。

二塁打を放った2番・藤本(2年)4番・大平(2年)がセンター前ヒットで還し先取点を挙げた宇部商。

b0341242_16555369.jpg
b0341242_16554540.jpg


その後迎えた満塁の場面で打席に立った小幡。
ここで放った痛烈な一撃が右中間の最奥フェンスに到達する走者一掃のタイムリー三塁打となり、宇部商が一気に主導権を奪いました!

b0341242_16553395.jpg
b0341242_16551239.jpg
b0341242_16550075.jpg
b0341242_16552353.jpg


内角の難しい球を腕を畳んで見事に弾き返した小幡。このタイムリーによる3点追加は、自分を楽にする一撃でしたね♪
その後、次打者の田中涼(2年)もセンター前へ弾き返し更に1点追加。
この回一挙5点を挙げ試合の流れをグッと掴んだ宇部商。

中盤以降、小幡のストレートにタイミングの合って来た桜ヶ丘打線が徐々に反撃に出ます。
7回表に4本の集中打を浴びせ2得点を挙げ反撃の狼煙をあげる桜ヶ丘。

試合の流れが桜ヶ丘に傾き始めたその裏の宇部商の攻撃。

あの男がその流れを断ち切りました!


宇部商屈指のスラッガー・宮崎佑(2年)


二死二塁の追加点の欲しいこの場面で左中間を破るタイムリー三塁打を放ち流れを再び宇部商に引き寄せます!!

b0341242_16542730.jpg
b0341242_16541873.jpg
b0341242_16540966.jpg
b0341242_16535986.jpg


8回には相手のまずい守備によって更に1点を追加した宇部商。
そのまま7-2で逃げ切り、この大事な試合を見事な勝利で飾りました!!


桜ヶ丘の先発・野原投手(2年)。

前日の激投(下関商を9回ゼロ封)の疲れが残っていたのか、本日はストレートが走って無かったですね。

b0341242_16560452.jpg


今日の球速は120K中盤が大半で、制球も甘く4回途中で降板となりました。
惜しくも決勝進出はなりませんでしたが、県内の左腕の中ではトップクラスの投手である事は間違いない野原投手。
三位決定戦の下関工戦は彼の運命を変えるかもしれない大一番です!
持てる力を全て出し、悔いの残らぬ激投に期待したいと思います!!


最後にもうひとり選手を紹介します。

本日の宇部商勝利の陰の立役者、田中颯選手(2年)です!

b0341242_16533883.jpg
b0341242_16532418.jpg


小さく、ピントも甘い写真ですみません。
この日の田中颯選手、2度のファインプレイでチームの危機を救ってくれました!

7回と9回のピンチの場面での思い切りの良いダイビングキャッチ、本当に素晴らしかったですね。
もし抜けていればおそらく3点は入っていたと思います。

次回観戦時には田中颯選手の素晴らしい写真を必ず撮りますので、期待しててくださいね♪



b0341242_16530038.jpg
b0341242_16524840.jpg
b0341242_16522782.jpg
b0341242_16520481.jpg
b0341242_16515487.jpg
b0341242_16513001.jpg
b0341242_16511842.jpg
b0341242_16510440.jpg
b0341242_16505564.jpg
b0341242_16504568.jpg



ジョビンでした♪


[PR]

by jobin33375 | 2014-10-05 21:09 | 高校野球(2014年秋季山口県大会)
2014年 10月 04日

ベスト4進出チーム決定!!(平成26年度山口県体育大会県決勝大会)


本日は休養日の予定にしてたんですが、朝から結構な数のメール及び電話を頂きました。

『ジョビンさん、もう試合始まってますけど時間間違えてませんか?』
『今日負けたらもうジョビンさんと会う事が出来ないと息子が・・・』
『体調いかがですか?もし良い様でしたら来られませんか?栄養ドリンク準備しておりますよ』

時計の針は午前9時20分。

幸いな事に前日よりかなり体調が良くなっておりましたので、寝床からムクっと起き上がった私。

医師から処方された薬を1回あたり2錠のところを倍飲んで(注・良い子の皆さんは真似しちゃいけませんよ)
髭も剃らず髪もボサボサのまま(これはいつもの事か・苦笑)愛車のプリウスを発進させた私でした。。

津田スタジアムに到着し、球場の正面玄関に向けて歩み出した私。
既に第一試合の宇部商vs柳井戦は終了しており、本日は第二試合から観戦となりました。

本日はダイジェスト版でお送り致しますね♪

まずは試合結果から。


宇部商 214 001 000  8
柳井  002 000 100  3

桜ヶ丘 120 000 000  3
下関商 000 000 000  0

下関工 000 111 000  3
岩国  001 000 010  2

高川学園 000 001 201  4
宇部鴻城 010 022 01X  6


明日の準決勝戦のカードは下記の様に決まりました!
勝者は中国地区大会進出が確定します!!


宇部商vs桜ヶ丘
下関工vs宇部鴻城


尚、明日は午後より雨天の予報の為、試合開始時間を1時間早め第一試合は9時スタートとの事ですので
来場予定のお客様はご注意願います。

それではまた。

ジョビンでした♪

b0341242_21091577.jpg
b0341242_21090473.jpg
b0341242_21085449.jpg
b0341242_21084453.jpg
b0341242_21083317.jpg
b0341242_21082216.jpg
b0341242_21075842.jpg
b0341242_21074793.jpg
b0341242_21081226.jpg
b0341242_21073577.jpg
b0341242_21072293.jpg
b0341242_21071040.jpg
b0341242_21064925.jpg
b0341242_21063756.jpg
b0341242_21070022.jpg
b0341242_21062531.jpg
b0341242_21061217.jpg


[PR]

by jobin33375 | 2014-10-04 21:56 | 高校野球(2014年秋季山口県大会)
2014年 10月 03日

山口県桜ヶ丘vs聖光(平成26年度山口県体育大会地区予選)


今大会のダークホースと目される桜ヶ丘と聖光が対戦した注目の好カード。
試合は序盤に桜ヶ丘打線が爆発し、後半追い上げられるも何とか逃げ切り見事な勝利を飾っております!



【試合結果】

聖光  000 010 020  3
桜ヶ丘 160 000 00X  7



聖光の誤算は先発の長身左腕・濱砂投手(2年)の立ち上がりの乱調でした。

b0341242_16051745.jpg

二階から投げ下ろす適度な荒れ球が持ち味の濱砂投手ですが、この試合は真ん中付近に集まる球が多く
初回に2安打で1失点、2回には打者一巡の6安打に2つの四球で6失点と打ち込まれてしまいました。

球速表示も110K台が大半で、マウンド上の表情も投球練習時からどこか青白く見えましたので体調が悪かったのかもしれませんね。
長身ながらもまだまだ線が細い濱砂投手。
この冬のトレーニングで筋力・体力アップを図り、来春一回り逞しくなった濱砂投手と再会出来る事を期待しております!


桜ヶ丘の先発はエースNo1を背負う左腕の野原投手(2年)でした。
久しぶりに見た野原投手、身体が一回り大きくなっておりまして正直驚きました!

b0341242_16050821.jpg
b0341242_16045682.jpg

昨秋まではMAXでも120K前半だった球速もこの日はコンスタントに120K後半~132Kを計測する等、驚きの進化を遂げていた野原投手。
入学直後から応援して来た事もあり、野原投手の成長は素直に嬉しかったですね。

三塁側の応援席に今春卒業したOBの田中倫太郎と澤重貴範の姿を見つけ、彼らに近づいて行く私。

『真央(野原)凄いじゃん!身体に肉が付いたし、いつのまにか130K出るようになっちょったんじゃね♪』
『真央は影で物凄い努力をしてるんですよ、ジョビンさん。見た目と違って根性もあるし、やる時はやる男なんですよ』
『ほほぅ。。(と感心しうなずく私)現時点で130K超えてるちゅー事は来年の夏には135Kは出る様になっちょるじゃろうね』
『上手く行けば140K近いスピードが出る様になっとるかもしれませんよ!』
『そりゃ凄いね!(興奮気味に)岡(徳山商工)や酒井(高川学園)クラスの好投手に成長して欲しいのぅ。。』

明日の県決勝大会初戦の相手は県No1の実力と噂されている下関商と対戦する桜ヶ丘。
当然、野原が先発のマウンドに上がると予想されます。
野原投手の奮闘に期待したいと思っております!!


この試合で印象に残っているのは両チームの救援投手の層の厚さでした。

桜ヶ丘の救援投手、上から順に田中(2年)山元(2年)吹本(2年)投手です。
b0341242_16033088.jpg
b0341242_16024681.jpg
b0341242_16031787.jpg


聖光の方は、上から順に関(2年)松本(2年)投手です。

b0341242_17055959.jpg
b0341242_16022195.jpg

以上5人の右腕投手、いずれも130Kを越えるなかなかのストレートを投げておりました!
両チーム共、来夏には他校が羨む投手王国となっている可能性大ですね♪

打撃陣の成長次第では来夏の優勝候補へ浮上して来るかもしれませんので今後に注目したいと思います!



b0341242_16013920.jpg
b0341242_16012114.jpg
b0341242_16011255.jpg
b0341242_16000353.jpg
b0341242_16001376.jpg
b0341242_15592677.jpg
b0341242_15591017.jpg
b0341242_15585774.jpg
b0341242_15584746.jpg
b0341242_15583629.jpg
b0341242_15582625.jpg


最後にUpするのは勿論このシーンです。
桜ヶ丘の柴田選手(2年)が2回に放ったレフトスタンドへのホームランのシーンです!!

b0341242_16042656.jpg
b0341242_16041715.jpg
b0341242_16040830.jpg
b0341242_16035870.jpg

秋季大会展望記事で桜ヶ丘の注目選手にピックアップしていた柴田選手。
予想通り大活躍を見せてくれております♪(ニッコリ)

明日の下関商との大一番の勝利の鍵を握るこの男にみなさん是非注目してくださいね!

それではまた。

ジョビンでした♪

[PR]

by jobin33375 | 2014-10-03 17:33 | 高校野球(2014年秋季山口県大会)
2014年 10月 03日

南陽工vs防府商工(平成26年度山口県体育大会地区予選)

まず初めにひと言。
本日体調不良(発熱)により会社を休んで病院へ行って来ました。
帰宅後ついさっき迄寝て体力の回復に努めましたがどうも芳しくありません。

明日の津田スタジアムの県決勝大会及び中学軟式秋季県大会の観戦は、残念ながら中止する事にしました。
明後日は体調の回復を見て、調子が良ければ行こうと思っております。
(行くなら自宅から近い津田スタジアムの方になると思います)

関係各位の皆様、御了承願います。


と言う事で、昨日作成途中だった記事を更新しますね。

まずは南陽工vs防府商工戦から。



【試合結果】

防府商工 200 000 000  2
南陽工  220 001 01X  6




毎年の様に好チームを輩出し誰もが認める周南地区の有力校・南陽工に、今夏好右腕・渋田を擁して西京スタジアムまで後一歩の活躍を見せた防府商工

この試合の注目は、南陽工の快速サイド右腕・小川vs防府商工のスラッガー・山本の対決でした!


b0341242_08371593.jpg


南陽工新チームのエース・小川 聡投手(2年)。
昨年来、投球フォームの改造(腕の位置の微調整)に取り組んで来た小川投手。
新フォームが身体に馴染んだ今夏以降、ボールのキレが格段に良くなりましたね!

鞭がしなる様な腕の振りから繰り出されるストレートは常時130K前後でMAXは135K。サイド系で135Kと言うのはかなりの球速です。
球威もなかなかのものがありますし、落ちる変化球のキレも抜群の素晴らしい好投手です!

この試合、立ち上がりこそ制球が甘く4本の安打を集中され2点を失いましたが2回以降は抜群の投球内容でした。
(2回以降は2安打のゼロ封で、9回6安打8三振2四死球の投球成績でした)

ブロック代表決定戦の桜ヶ丘戦では延長14回の激闘を一人で投げ切った小川投手。
惜しくも敗退となりましたが、観戦した野球ファンの方からのメールによりますと本当に素晴らしいピッチングだったとの事でした。

昨年来、個人的に注目して来た小川投手の夢舞台(甲子園)への挑戦は来夏の1回のみとなりました。
夢の実現の為にどうか頑張って欲しいと思っております!


防府商工・新チームの四番に抜擢されたのはやはりこの男でした。
背番号7の山本航大選手(2年)です!

b0341242_08353333.jpg
b0341242_08354407.jpg


この試合の山本選手の打撃成績は4打数1安打1打点でした。
迷いの無い思い切りの良いバットスイングが魅力たっぷりの山本選手。
この試合アウトにこそなりましたが、レフトフライもセンターフライも飛距離が出てましたし
あわやホームランかと言う特大のライト方向への大ファールも鮮烈に記憶しております!

県東部屈指のスラッガー・山本選手の今後の活躍に期待したいと思います!


先発の1年制左腕・中原を継いで2回から登板し最後まで投げ切った防府商工・阪本投手(2年)。

b0341242_08365291.jpg


低めにコントロールされる制球力の良さが印象に残っております。
旧チームのエース・渋田投手を目標に頑張って欲しいと思っております!


最後に津田スタジアムで久々に見たホームランの写真をUpしときますね♪
打ったのは南陽工の3番・太田選手(2年)でした!

b0341242_08363977.jpg
b0341242_08362530.jpg
b0341242_08361546.jpg


両翼100m中堅122mと大きな球場の津田スタジアム。
この太田選手の一撃はレフトのポール際へ飛び込むホームランでした。

この後行われた試合でも桜ヶ丘の柴田選手(2年)が一発放り込んでおりまして、1日で2回ホームランが見れた事に感激しましたよ~♪

と言う事で今日はこのへんで。

この試合は大半をネット裏で観戦しましたので写真が少ない事を御了承くださいね。


ジョビンでした♪


[PR]

by jobin33375 | 2014-10-03 15:58 | 高校野球(2014年秋季山口県大会)
2014年 10月 02日

徳山vs岩国商(平成26年度山口県体育大会地区予選)


この日行われた4試合の中で、最も注目していたこのカード。
私が注目していたのは両チームの先発投手でした。

岩国商は間違いなくエースの中田(2年)で来ると予想。
一方の徳山は初戦でまずまずのピッチングを見せた松永(2年)で来るのか、完全試合男・渡邉(2年)で来るのか。。

注目の徳山先発は渡邉投手でした!

b0341242_19253774.jpg
b0341242_19042097.jpg


この日の渡邉投手、決して本調子では無かったと試合後に聞きましたが素晴らしい投手である事は間違いありません!
渡邉投手の最大の武器は球威抜群のストレート。
この試合のMAXは132Kだったと記憶しておりますが球速表示以上の力強さがありました。

昨年の周南地区一年生大会の時よりも良い意味で荒っぽくなった印象の渡邉投手。
球威はあるものの7回までに8四死球と制球が良くなかったですが、彼はマウンド上で平然としておりました。
打者をのけ反らせる内角高めのストレートあり、はっきりボールと分かる高めに大きく外れるストレートあり、
打者が一歩も動けない外角低めにズバッと決まる素晴らしいストレートあり。。

今後私は彼のストレートをわがままなストレートと呼びたいと思います♪(笑)
来春の再会を楽しみにしてますんで頑張ってくださいね、渡邉君!


一方の岩国商の先発は予想通りエースの中田投手でした。

b0341242_19041171.jpg


この日の中田投手、あきらかに本調子では無かったですね。

好調時には投球時に

『オリャ!!』『オッシャ!!』

と自然に雄叫びが上がるんですが、この日はほとんど聞こえませんでした。

素材的には素晴らしいものを持っているのは間違いない中田投手。
この冬のトレーニングにじっくり取り組んで、来春一回り逞しくなった中田投手との再会を楽しみにしております!


さて、ここから試合を振り返って行きたいと思います。

先手を取ったのは徳山でした。

初回の徳山の攻撃。
二塁打で出塁した田村竜(2年)が三塁へ進み、3番・伊上(1年)が見事なスクイズを決め先制します!

b0341242_19035656.jpg


中盤以降は両チーム共小刻みに得点を重ね、4-3と徳山リードで迎えた8回裏の岩国商の攻撃。
二死二塁の一打同点の場面で打席に立ったのは1番・横田(2年)。
やはりこの男の勝負強さは別格でした!期待に応える左中間へ運ぶタイムリーで岩国商が同点に追い付きます!

b0341242_19034159.jpg



両チーム全く互角の戦いに延長突入濃厚、投手の継投策が勝負の行方を左右するだろうと予測した私。
しかしこの試合、延長戦突入にはなりませんでした。

9回表の徳山の攻撃。
先頭の8番・渡邉がセンター前へ運び、パスボールで無死二塁のチャンスの場面を迎えます。
9番・三輪(2年)がキッチリ送って一死三塁。
1番・田村竜が三振に倒れてツーアウト。
打席に入ったのは2番・主将の弘(2年)。

ここで弘が主将の意地を見せました!
見事なライト前タイムリーを放ち、徳山1点リードを奪いました!!

b0341242_19032722.jpg
b0341242_19030813.jpg
b0341242_19025991.jpg



(う~ん、どうやら試合は決まった様だな。。9回裏の岩商の打順は・・・)


手元の自家製のスコアブックに目を落とす私。
9回裏の岩国商の先頭打者の名前を見た瞬間、私の目がキラリ☆と光ました。


(おお、オレが期待してる一年の山本からじゃんか!こいつは何か持っちょる男じゃから渡邉が勝利を意識して投げ急いだらひょっとするかもしれんぞ!)


私の予感は的中しました。
9回裏の岩国商、先頭の3番・山本が右中間を深々と破るスリーベースで同点の大チャンスを迎えました!!

b0341242_19024403.jpg
b0341242_19023150.jpg



(岩国商の粘りはやっぱ凄い!次のバッターは金村じゃから、こりゃ春の如水館戦の再現になるゾ!!)


今年の春季中国地区大会の岩国商vs如水館戦、1点リードされた岩国商の8回裏の攻撃。
先頭の横田がスリーベースで出塁し、続く金村がタイムリーを放ち同点に追いついたシーンが甦り思わず観客席から立ち上がった私。

※参考記事
http://blog.livedoor.jp/jobin33375/archives/38444396.html


マウンドの渡邉投手に目を向けると、大ピンチの場面にもかかわらず平然としていました。


(・・・渡邉、精神的にタフになったんじゃのぅ、大したモンじゃ。渡邉vs金村の大勝負、しかと見届けさせてもらうゼ!)


この勝負、渡辺の渾身のストレートに軍配が上がりました。
球威のある内角のストレートで見事にサードゴロに打ち取りました。

続く5番・松村(2年)の痛烈な当たりも身体で止めツーアウト。
最後の打者、6番・尾川(1年)の打球は一塁前に転がり、ウッチーこと内田(2年)が難なくこれをさばいて徳山の勝利となりました!

b0341242_19022107.jpg
b0341242_19021087.jpg



いや~、本当に素晴らしい好ゲームでした。

両チーム共残念ながら県決勝大会進出はなりませんでしたが、来夏の有力校に名を連ねる資格は十分にあると私は思っております!
一冬越えて更なるパワーアップを果たすであろう両チームとの来春の再会を楽しみにしておりますね♪

b0341242_19015296.jpg
b0341242_19014262.jpg
b0341242_19005752.jpg
b0341242_19010944.jpg
b0341242_18595727.jpg



最後にひとり選手を紹介しておきます。

徳山の田村竜偉選手(2年)です!

b0341242_19003615.jpg
b0341242_19002816.jpg
b0341242_19001032.jpg


攻守に渡りハツラツとしたプレイを見せてくれた田村選手(遊撃手)。
説明しにくいのですが、来年の夏何かとんでもない事をやってくれそうな予感を感じた私です!!
私の予感は結構当たりますんで、みなさん彼の名前を憶えておいてくださいね♪

ジョビンでした♪


【試合結果】

徳山  100 120 001  5
岩国商 001 010 110  4



[PR]

by jobin33375 | 2014-10-02 18:34 | 高校野球(2014年秋季山口県大会)
2014年 10月 01日

高川学園vs防府西(平成26年度山口県体育大会地区予選)


前日の宇部遠征の疲れと、深夜及び早朝の記事更新で朝から既にガス欠状態に陥っていた私。
この日の津田スタジアムは4試合行われ、全試合観戦・撮影したんですが正直キツかったですね。
台風通過直後と言う事もあり、まるで夏が戻ったかの様な本当に暑い一日でした。
嬉しい事に、多くの方からジュースや熱中症対策飴の差し入れを頂き何とか全試合乗り切れました!
本当にありがとうございました♪


第一試合は高川学園vs防府西のカードでした。
結果は高川学園の圧勝に終わっております!


【試合結果】

防府西  000 001 0  1
高川学園 205 003 X  10
(7回コールド)


高川学園先発は、注目の一年生エース・山崎投手でした。

b0341242_16255158.jpg


山崎投手のピッチングを見るのは二回目でしたが、やはり良いものを持ってますね♪
常時125K前後、MAX130Kを計測したノビのあるストレートが大変印象に残っております。
この日の投球成績は、7回を投げ切り3安打3三振無四球の失点1(エラー絡みで自責点は0)で
5回ツーアウト迄はパーフェクトピッチングでした。
下半身の柔らかさと鞭がしなる様な腕の振りが印象に残っております。
今後の更なる成長に期待したいと思っております!

高川学園の攻撃陣は、旧チームと比較すると正直小粒になった印象を受けました。
ただここぞという場面での集中打は、旧チーム同様素晴らしいものがありました。
この試合、足を絡ませながらチャンスを広げ、連打(長打では無く単打)で着実に得点を重ねて行った高川学園。
この集中攻撃による高い得点能力は、旧チームを継承していると言えるかもしれませんね。

昨日、実力校の徳山を下し県決勝大会進出を決めた高川学園。
初戦の相手は県央屈指の実力校・宇部鴻城となりました!
一回戦屈指の好カード、両チームの熱き戦いに期待したいと思っております!!


b0341242_16251919.jpg
b0341242_16252942.jpg
b0341242_16251079.jpg
b0341242_16250031.jpg
b0341242_16244501.jpg
b0341242_16243769.jpg
b0341242_16241259.jpg
b0341242_16240354.jpg
b0341242_16234187.jpg
b0341242_16233222.jpg
b0341242_16232388.jpg
b0341242_16231182.jpg

[PR]

by jobin33375 | 2014-10-01 17:52 | 高校野球(2014年秋季山口県大会)
2014年 09月 29日

山口vs下関中等教育(平成26年度山口県体育大会地区予選)


【試合結果】

下関中等 000 000 0  0
山口   042 020 X  8

宇部商vs宇部工の壮絶な戦いに興奮し過ぎたのか、急にガス欠を起こしてしまいこの試合は主にネット裏に座って観戦した私。
撮影した写真も少なく、また試合メモも途中までしかつけておりませんので簡潔にこの試合を紹介致します。


MAX137Kの注目の好右腕・山口のエース田家投手(2年)。
この試合の田家投手は省エネ投法と申しましょうか、8割程度の制球重視の打たせて取るピッチングに終始しておりました。

b0341242_04343045.jpg
b0341242_04342187.jpg


ピンチの場面も少なくリラックスした感じに見えた田家投手。
体重の乗った130K前後の球威のあるストレートはやはりキラリと光っておりましたね♪

次戦はいよいよブロック代表決定戦となります。

サヨナラ勝ちで勢いに乗る宇部商相手にどんなピッチングを見せてくれるのか注目したいと思います!


下関中等教育は二人の投手の継投でした。
エースの谷山(2年)、二番手の中田(2年・2回途中サードからマウンドへ)共にそこそこ球威のあるストレートを放っておりました。

b0341242_04335113.jpg

二番手の中田投手


序盤から山口打線が爆発し、一方的な展開となったこの試合。
敗れはしたものの下関中等の遊撃手・岡本盛選手(2年)の守備範囲の広さと強肩は強く印象に残っておりますね。

b0341242_04341165.jpg
b0341242_04340294.jpg



以下、昨日撮影した少ない写真の中から何枚かUpしておきますね。


b0341242_04333700.jpg
b0341242_04331310.jpg
b0341242_04332877.jpg
b0341242_04330319.jpg


最後にもう一枚Upしますのでご覧下さい。

b0341242_04323870.jpg


試合終了時の挨拶のシーンの撮影時に下関中等の部員の少なさにショックを受けた私。

成績は正直言って芳しくはありませんが、昨年も一昨年もその前の年も最低ラインの部員数は確保していた下関中等。
今秋の登録メンバーをチェックしてみると、2年生が8名・1年生が3名の合計11名の部員数となっておりました。

他チームもチェックしてみると、

美祢青嶺と大島商船がそれぞれ9名、西市が10名、響が11名で豊北が13名。
野球人気の低下と少子高齢化に伴う生徒数の減少の影響がはっきりと表れ始めてる気が致しますね。

甲子園出場経験のある華陵ですら今秋からは山口徳佐との連合チームとなりました。
このままだと来春以降、更に連合チームが増える、あるいは最悪の場合は廃部と言ったケースが出て来る可能性も否定出来ない状況となっております。

業界上げての対策を講じる必要が出て来ていると言えるかもしれませんね。

業界を盛り上げる為に私なりのやり方で今後も頑張って行きますので、みなさんよろしくお願い致します!

本日は津田スタジアムへ行って来ます!!

ジョビンでした♪


[PR]

by jobin33375 | 2014-09-29 05:53 | 高校野球(2014年秋季山口県大会)
2014年 09月 28日

宇部商vs宇部工(平成26年度山口県体育大会地区予選)


本日はUPRスタジアムへ行って来ました。
注目の宇部商vs宇部工戦、両チームとも試合終盤まで一歩も譲らない凄まじい試合となりました!
本日は試合の得点経過を中心に記事を書こうと思っておりますので楽しみにしててくださいね♪

まずは試合の結果から。



試合結果】

宇部工 000 010 200  3
宇部商 000 100 201X  4



まずは両チームの投手から紹介します。
見事に勝利投手となった宇部商先発のエース・枡永投手(2年)です!

b0341242_18480739.jpg


過去何度も枡永投手の投球を見て来た私の印象では、今日は完調時と比較して80%の出来と言ったところでした。
球威はそれなりにあるものの制球が微妙に甘く、序盤こそ抑えておりましたが中盤以降は宇部工打線にバットの芯で捉えられておりました。
(今日の投球成績は、9回を投げ切り7安打3三振3四死球の3失点でした)

今日の試合終盤、ひょっとしたら継投策があるかもとベンチの動きを見ていた私。
ですが動きは全くありませんでした。

宇部商ナインの中で走り込みの量は間違いなくNo1であると聞く枡永投手。
地道に黙々と辛い練習を重ねる枡永投手の背中を首脳陣も他の選手もしっかり見てるんでしょうね。。


枡永で負けるのならばしょうがない


そんな声が私の耳に聞こえて来た様な気がしました。。

初戦に続いてこの試合も見事な完投勝利をおさめた枡永投手。
次のブロック代表決定戦(山口戦)でも間違いなく先発して来ると思います!
次戦の好投を期待しております!!


一方の宇部工は二人の投手の継投で勝負に挑みました。
宇部工新チームを見るのは初めてでしたが、両投手共に素晴らしい投手でした!

b0341242_18475648.jpg


先発の左腕・末光投手(2年)。
サイドに近い独特のフォームから繰り出すストレート、本当に素晴らしかったです!

宇部鴻城の十河投手(今夏引退)にちょっと似た良いピッチャーじゃな、末光は。。)

今日の試合、4回2/3を投げて5安打1三振3四死球の投球成績だった末光投手。
今日の調子がどの程度のものだったのかは初めて見たので分かりませんが、打ち辛い投手にカテゴライズされる事は間違いないと思いましたね。

もう一度じっくり見てみたいと感じさせてくれた末光投手。
次の観戦を楽しみにしてますんで頑張ってくださいね♪


末光投手を継いで4回途中から登板したエースの柴垣投手(2年)。
柴垣投手の名前は良く耳にしており楽しみにしてたんですが、噂通りの素晴らしい投手でした!

b0341242_18474514.jpg


130K前後と思われるストレートも素晴らしかったですが、強く印象に残っているのは落差のあるフォークですね。
5回だったと記憶しておりますが、宇部商のスラッガー・宮崎佑選手(2年)が2球続けて空振りしたシーンがあったんです。

(んん?今の落ちるボールは何なんだ?縦スラか?いや、フォークかもしれんな。。)

一緒に観戦していた高校野球通の私の知人も興味津々でして、ネット裏までわざわざ確認に行ってくださり球種が確認出来ました。
柴垣投手のえげつないフォーク、本当に絶品でした!

柴垣・末光と左右の好投手を擁する宇部工。
こと投手力に関しましては県トップクラスと言えると思います!

宇部工と宇部商宇部鴻城を加えた宇部地区のライバル校三校による三つ巴の戦国絵巻、
今後も熱き戦いが続いて行くと思われますので、注目して行きたいと思っております!


さて、ここからは本日の得点経過を振り返って行きたいと思います。


先手を取ったのは4回裏の宇部商の攻撃。
この回先頭の番・大平(2年)が死球で出塁し、二死二塁の場面で打席に入ったのは先発投手の7番・枡永。

b0341242_18472988.jpg


思い切りの良いバッティングに定評のある枡永がここでやってくれました!
見事にセンター前へ運んで宇部商待望の先制点です!

b0341242_18471984.jpg
b0341242_18471038.jpg


先制点を許した宇部工、直後の5回表に一死二三塁のチャンスを作りパスボールで1点返しあっさり同点に追いつきました!

1-1の同点のまま試合は終盤戦へ突入。

迎えた7回表の宇部工の攻撃。
ここで試合が大きく動きました!

先頭の途中出場の7番・舛本(1年)が左中間を破る二塁打を放ち一気にチームのムードが盛り上がります!
8番・水戸(2年)がキッチリ送り、続く9番・西村(2年)が見事なスクイズを決め宇部工が勝ち越しに成功です!

b0341242_18455381.jpg


勢いに乗る宇部工は、二死後2番・藤山(2年)がレフトオーバーの二塁打を放ち更に1点追加!

b0341242_18454334.jpg
b0341242_18451480.jpg
b0341242_18452599.jpg



(あ~これは決まったな・・・チャンスに畳み掛ける宇部工の集中打はやはり凄いな。。)


1点ならまだしも終盤を迎えて2点差をつけられ敗戦濃厚となった宇部商ですが、ここから驚異の粘りを見せます!

2点を失った直後の7回裏。
先頭の9番・田中涼(2年)がセンター前へ運び無死1塁。
続く1番・堀川(1年)の会心の当たりはライト正面へのライナーとなるものの、続く2番・藤本(2年)が四球を選び一死1、2塁。
迎えるバッターはこの日3番で出場していたスラッガー・宮崎佑(2年)。

b0341242_18442756.jpg



(祐太、物凄い気合が入ちょる!こりゃミラクルが起こるかもしれんぞ!!)


怖い位の気合の入った表情で打席に立った宮崎祐
その気迫に圧されたのか、ワイルドピッチによりランナーがそれぞれ進塁し更にチャンスを拡げる宇部商!

気合充分の宮崎佑の渾身の一撃がライト前安打となりまず1点!

b0341242_18440551.jpg


更に続く4番・大平(2年)のライトフライで三塁走者・藤本が激走し、宇部商ついに同点です!!

b0341242_18435469.jpg


大歓声に包まれる三塁側宇部商応援席を横目に思わず立ち上がった私。


(プレッシャーに負けずにあの場面で結果を出せる宮崎佑と大平の3番・4番は凄い!)


そして迎えた9回裏。


先頭の1番・堀川がレフト前に運び、ミラクルの予感に一種独特の空間に包まれたUPRスタジアム。
信じて貰えないかもしれませんが、この時私の五感が激しく反応しました。


(この試合のここまでの流れからここは宇部商が絶対に決める!決めるのは間違いなく大平じゃ!!)


この日の大平は7回の同点犠牲フライだけでは無く、守備面(一塁手)でも2度チームを救っておりました。

抜けていれば間違いなく点が入る場面での横っ飛びの超ファインプレイ。
フェンスを恐れず飛び込んで捕球したファウルフライ。

b0341242_18465681.jpg
b0341242_18464329.jpg



何とも形容し難いのですが、この日の大平には野球の神様が幾つかの謎かけをしている様な感じがありました。


(この場面で打てるかい?大平よ。お、打ったのぅ。。)

(抜ければ追加点じゃぞ、大平。お、思い切って飛びついて捕ったのぅ。。)

(フェンスが怖くないか?大平。お、恐れずに突っ込んで行ったのう。。)



(お前は今日、確実に成長したのぅ。。それではワシからひとつプレゼントをやろう。しっかり受け取ってくれよ、大平よ。。)


サヨナラの走者を2番・藤本がキッチリ送り1死2塁。
続く3番・宮崎佑は敬遠のフォアボール。

そして。。。

b0341242_18433794.jpg
b0341242_18432877.jpg
b0341242_18431108.jpg
b0341242_18425979.jpg



今日は宇部商・大平 樹選手の日でした♪

今日の大活躍で確実に何かを掴んだであろう大平選手の今後の活躍に期待しております!!

ジョビンでした♪

b0341242_18423774.jpg



[PR]

by jobin33375 | 2014-09-28 22:55 | 高校野球(2014年秋季山口県大会)
2014年 09月 27日

徳山商工vs下松(平成26年度山口県体育大会地区予選)


注目の師弟対決(下松・原田監督は前・徳山商工硬式野球部長)となったこの試合。
師弟対決初戦となった新人大会では徳山商工が13-0の7回コールドで圧勝しております。

その結果を踏まえて、この試合の私の予想は徳山商工が大差で勝利すると言うものでした。
しかし・・・その予想は大きく裏切られました。

大熱戦となった徳山商工vs下松の試合レポートをお送り致します!



【試合結果】

下松   000 000 000  0
徳山商工 000 000 10X  1




旧チームから寺田・皆賀・左官・土井の好打者がズラリと残った強打の徳山商工打線を翻弄した投手。

下松先発の神本投手(2年)です!

b0341242_20590270.jpg
b0341242_20585379.jpg


ストレートの球速はMAXでも120K前後と思われますが、ダイナミックな投球フォームで徳商打線に真っ向勝負を挑んだ神本投手。
中盤の6回まで強打の徳商打線を散発4安打の無失点に抑える好投を見せてくれました。
7回以降スタミナが切れて来たのかボールが高めに抜け始めましたが、本当に良く投げてくれましたね。

まるで蝶が舞っているかの様な投球フォームの神本投手。

私は彼の投法を『バタフライ投法』と名付けたいと思います!!
再会を楽しみにしてますので頑張ってくださいね~、神本君♪


下松・神本投手の好投に負けじと力投した徳山商工新エース・寺田投手(2年)。
ノビのあるストレート主体のピッチングで、見事な完封勝利を挙げております!

b0341242_20584277.jpg
b0341242_20583373.jpg


旧チームではセンス抜群の巧打の遊撃手と言う印象が強かった寺田選手。
投手としても素晴らしいセンスを持っておりますね!
まだ線は細いものの今後身体が出来てくれば球威・球速も伸びて来ると思います。
県屈指の大型右腕投手への成長を期待したいと思いますので頑張ってくださいね~♪


徳商・寺田、下松・神本両投手の好投により両チームとも無得点で迎えた終盤の7回裏。
息詰まる投手戦に終止符を打ったのはやはりこの男でした。
徳山商工・四番の皆賀選手(2年)です!

b0341242_20580283.jpg


この回の徳商の攻撃。
球威・制球力の落ちてきた神本投手に対し、先頭の1番・土井(2年)がライト前安打で出塁。
続く厚東(2年)が手堅く送り一死二塁。
3番・寺田がライトフライに倒れてツーアウト。
打席に入った4番・皆賀の強烈な打球が投手強襲安打となり徳山商工待望の先制点&決勝点となりました!

b0341242_20581222.jpg
b0341242_20582072.jpg



辛うじて勝利を収めた徳山商工の次戦は打撃好調の岩国総合です。
徳商・寺田vs岩国総合打線、好勝負を期待しております!


b0341242_20592385.jpg
b0341242_20591441.jpg
b0341242_20574374.jpg
b0341242_20573181.jpg
b0341242_20570703.jpg
b0341242_20571880.jpg

最後にもうひとり選手を紹介します。

下松の切込隊長(1番)山本れい選手です!

b0341242_20565312.jpg
b0341242_20564348.jpg
b0341242_20563359.jpg


この試合5打数4安打の大当たりで私に鮮烈な印象を残してくれた山本れい選手。
大会パンフの登録選手名簿に名前が記載されておりませんでしたので、大会直前に登録された選手だと思われます。
思い切りの良いバットスイングに適確なミート力、本当に素晴らしかったです!
次回再会時にも素晴らしいバッティングを私に見せてくださいね~♪

ジョビンでした♪


[PR]

by jobin33375 | 2014-09-27 23:13 | 高校野球(2014年秋季山口県大会)