jobin33375の日記

jobin33375.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 09月 ( 27 )   > この月の画像一覧


2014年 09月 29日

山口vs下関中等教育(平成26年度山口県体育大会地区予選)


【試合結果】

下関中等 000 000 0  0
山口   042 020 X  8

宇部商vs宇部工の壮絶な戦いに興奮し過ぎたのか、急にガス欠を起こしてしまいこの試合は主にネット裏に座って観戦した私。
撮影した写真も少なく、また試合メモも途中までしかつけておりませんので簡潔にこの試合を紹介致します。


MAX137Kの注目の好右腕・山口のエース田家投手(2年)。
この試合の田家投手は省エネ投法と申しましょうか、8割程度の制球重視の打たせて取るピッチングに終始しておりました。

b0341242_04343045.jpg
b0341242_04342187.jpg


ピンチの場面も少なくリラックスした感じに見えた田家投手。
体重の乗った130K前後の球威のあるストレートはやはりキラリと光っておりましたね♪

次戦はいよいよブロック代表決定戦となります。

サヨナラ勝ちで勢いに乗る宇部商相手にどんなピッチングを見せてくれるのか注目したいと思います!


下関中等教育は二人の投手の継投でした。
エースの谷山(2年)、二番手の中田(2年・2回途中サードからマウンドへ)共にそこそこ球威のあるストレートを放っておりました。

b0341242_04335113.jpg

二番手の中田投手


序盤から山口打線が爆発し、一方的な展開となったこの試合。
敗れはしたものの下関中等の遊撃手・岡本盛選手(2年)の守備範囲の広さと強肩は強く印象に残っておりますね。

b0341242_04341165.jpg
b0341242_04340294.jpg



以下、昨日撮影した少ない写真の中から何枚かUpしておきますね。


b0341242_04333700.jpg
b0341242_04331310.jpg
b0341242_04332877.jpg
b0341242_04330319.jpg


最後にもう一枚Upしますのでご覧下さい。

b0341242_04323870.jpg


試合終了時の挨拶のシーンの撮影時に下関中等の部員の少なさにショックを受けた私。

成績は正直言って芳しくはありませんが、昨年も一昨年もその前の年も最低ラインの部員数は確保していた下関中等。
今秋の登録メンバーをチェックしてみると、2年生が8名・1年生が3名の合計11名の部員数となっておりました。

他チームもチェックしてみると、

美祢青嶺と大島商船がそれぞれ9名、西市が10名、響が11名で豊北が13名。
野球人気の低下と少子高齢化に伴う生徒数の減少の影響がはっきりと表れ始めてる気が致しますね。

甲子園出場経験のある華陵ですら今秋からは山口徳佐との連合チームとなりました。
このままだと来春以降、更に連合チームが増える、あるいは最悪の場合は廃部と言ったケースが出て来る可能性も否定出来ない状況となっております。

業界上げての対策を講じる必要が出て来ていると言えるかもしれませんね。

業界を盛り上げる為に私なりのやり方で今後も頑張って行きますので、みなさんよろしくお願い致します!

本日は津田スタジアムへ行って来ます!!

ジョビンでした♪


[PR]

by jobin33375 | 2014-09-29 05:53 | 高校野球(2014年秋季山口県大会) | Comments(1)
2014年 09月 28日

宇部商vs宇部工(平成26年度山口県体育大会地区予選)


本日はUPRスタジアムへ行って来ました。
注目の宇部商vs宇部工戦、両チームとも試合終盤まで一歩も譲らない凄まじい試合となりました!
本日は試合の得点経過を中心に記事を書こうと思っておりますので楽しみにしててくださいね♪

まずは試合の結果から。



試合結果】

宇部工 000 010 200  3
宇部商 000 100 201X  4



まずは両チームの投手から紹介します。
見事に勝利投手となった宇部商先発のエース・枡永投手(2年)です!

b0341242_18480739.jpg


過去何度も枡永投手の投球を見て来た私の印象では、今日は完調時と比較して80%の出来と言ったところでした。
球威はそれなりにあるものの制球が微妙に甘く、序盤こそ抑えておりましたが中盤以降は宇部工打線にバットの芯で捉えられておりました。
(今日の投球成績は、9回を投げ切り7安打3三振3四死球の3失点でした)

今日の試合終盤、ひょっとしたら継投策があるかもとベンチの動きを見ていた私。
ですが動きは全くありませんでした。

宇部商ナインの中で走り込みの量は間違いなくNo1であると聞く枡永投手。
地道に黙々と辛い練習を重ねる枡永投手の背中を首脳陣も他の選手もしっかり見てるんでしょうね。。


枡永で負けるのならばしょうがない


そんな声が私の耳に聞こえて来た様な気がしました。。

初戦に続いてこの試合も見事な完投勝利をおさめた枡永投手。
次のブロック代表決定戦(山口戦)でも間違いなく先発して来ると思います!
次戦の好投を期待しております!!


一方の宇部工は二人の投手の継投で勝負に挑みました。
宇部工新チームを見るのは初めてでしたが、両投手共に素晴らしい投手でした!

b0341242_18475648.jpg


先発の左腕・末光投手(2年)。
サイドに近い独特のフォームから繰り出すストレート、本当に素晴らしかったです!

宇部鴻城の十河投手(今夏引退)にちょっと似た良いピッチャーじゃな、末光は。。)

今日の試合、4回2/3を投げて5安打1三振3四死球の投球成績だった末光投手。
今日の調子がどの程度のものだったのかは初めて見たので分かりませんが、打ち辛い投手にカテゴライズされる事は間違いないと思いましたね。

もう一度じっくり見てみたいと感じさせてくれた末光投手。
次の観戦を楽しみにしてますんで頑張ってくださいね♪


末光投手を継いで4回途中から登板したエースの柴垣投手(2年)。
柴垣投手の名前は良く耳にしており楽しみにしてたんですが、噂通りの素晴らしい投手でした!

b0341242_18474514.jpg


130K前後と思われるストレートも素晴らしかったですが、強く印象に残っているのは落差のあるフォークですね。
5回だったと記憶しておりますが、宇部商のスラッガー・宮崎佑選手(2年)が2球続けて空振りしたシーンがあったんです。

(んん?今の落ちるボールは何なんだ?縦スラか?いや、フォークかもしれんな。。)

一緒に観戦していた高校野球通の私の知人も興味津々でして、ネット裏までわざわざ確認に行ってくださり球種が確認出来ました。
柴垣投手のえげつないフォーク、本当に絶品でした!

柴垣・末光と左右の好投手を擁する宇部工。
こと投手力に関しましては県トップクラスと言えると思います!

宇部工と宇部商宇部鴻城を加えた宇部地区のライバル校三校による三つ巴の戦国絵巻、
今後も熱き戦いが続いて行くと思われますので、注目して行きたいと思っております!


さて、ここからは本日の得点経過を振り返って行きたいと思います。


先手を取ったのは4回裏の宇部商の攻撃。
この回先頭の番・大平(2年)が死球で出塁し、二死二塁の場面で打席に入ったのは先発投手の7番・枡永。

b0341242_18472988.jpg


思い切りの良いバッティングに定評のある枡永がここでやってくれました!
見事にセンター前へ運んで宇部商待望の先制点です!

b0341242_18471984.jpg
b0341242_18471038.jpg


先制点を許した宇部工、直後の5回表に一死二三塁のチャンスを作りパスボールで1点返しあっさり同点に追いつきました!

1-1の同点のまま試合は終盤戦へ突入。

迎えた7回表の宇部工の攻撃。
ここで試合が大きく動きました!

先頭の途中出場の7番・舛本(1年)が左中間を破る二塁打を放ち一気にチームのムードが盛り上がります!
8番・水戸(2年)がキッチリ送り、続く9番・西村(2年)が見事なスクイズを決め宇部工が勝ち越しに成功です!

b0341242_18455381.jpg


勢いに乗る宇部工は、二死後2番・藤山(2年)がレフトオーバーの二塁打を放ち更に1点追加!

b0341242_18454334.jpg
b0341242_18451480.jpg
b0341242_18452599.jpg



(あ~これは決まったな・・・チャンスに畳み掛ける宇部工の集中打はやはり凄いな。。)


1点ならまだしも終盤を迎えて2点差をつけられ敗戦濃厚となった宇部商ですが、ここから驚異の粘りを見せます!

2点を失った直後の7回裏。
先頭の9番・田中涼(2年)がセンター前へ運び無死1塁。
続く1番・堀川(1年)の会心の当たりはライト正面へのライナーとなるものの、続く2番・藤本(2年)が四球を選び一死1、2塁。
迎えるバッターはこの日3番で出場していたスラッガー・宮崎佑(2年)。

b0341242_18442756.jpg



(祐太、物凄い気合が入ちょる!こりゃミラクルが起こるかもしれんぞ!!)


怖い位の気合の入った表情で打席に立った宮崎祐
その気迫に圧されたのか、ワイルドピッチによりランナーがそれぞれ進塁し更にチャンスを拡げる宇部商!

気合充分の宮崎佑の渾身の一撃がライト前安打となりまず1点!

b0341242_18440551.jpg


更に続く4番・大平(2年)のライトフライで三塁走者・藤本が激走し、宇部商ついに同点です!!

b0341242_18435469.jpg


大歓声に包まれる三塁側宇部商応援席を横目に思わず立ち上がった私。


(プレッシャーに負けずにあの場面で結果を出せる宮崎佑と大平の3番・4番は凄い!)


そして迎えた9回裏。


先頭の1番・堀川がレフト前に運び、ミラクルの予感に一種独特の空間に包まれたUPRスタジアム。
信じて貰えないかもしれませんが、この時私の五感が激しく反応しました。


(この試合のここまでの流れからここは宇部商が絶対に決める!決めるのは間違いなく大平じゃ!!)


この日の大平は7回の同点犠牲フライだけでは無く、守備面(一塁手)でも2度チームを救っておりました。

抜けていれば間違いなく点が入る場面での横っ飛びの超ファインプレイ。
フェンスを恐れず飛び込んで捕球したファウルフライ。

b0341242_18465681.jpg
b0341242_18464329.jpg



何とも形容し難いのですが、この日の大平には野球の神様が幾つかの謎かけをしている様な感じがありました。


(この場面で打てるかい?大平よ。お、打ったのぅ。。)

(抜ければ追加点じゃぞ、大平。お、思い切って飛びついて捕ったのぅ。。)

(フェンスが怖くないか?大平。お、恐れずに突っ込んで行ったのう。。)



(お前は今日、確実に成長したのぅ。。それではワシからひとつプレゼントをやろう。しっかり受け取ってくれよ、大平よ。。)


サヨナラの走者を2番・藤本がキッチリ送り1死2塁。
続く3番・宮崎佑は敬遠のフォアボール。

そして。。。

b0341242_18433794.jpg
b0341242_18432877.jpg
b0341242_18431108.jpg
b0341242_18425979.jpg



今日は宇部商・大平 樹選手の日でした♪

今日の大活躍で確実に何かを掴んだであろう大平選手の今後の活躍に期待しております!!

ジョビンでした♪

b0341242_18423774.jpg



[PR]

by jobin33375 | 2014-09-28 22:55 | 高校野球(2014年秋季山口県大会) | Comments(0)
2014年 09月 27日

徳山商工vs下松(平成26年度山口県体育大会地区予選)


注目の師弟対決(下松・原田監督は前・徳山商工硬式野球部長)となったこの試合。
師弟対決初戦となった新人大会では徳山商工が13-0の7回コールドで圧勝しております。

その結果を踏まえて、この試合の私の予想は徳山商工が大差で勝利すると言うものでした。
しかし・・・その予想は大きく裏切られました。

大熱戦となった徳山商工vs下松の試合レポートをお送り致します!



【試合結果】

下松   000 000 000  0
徳山商工 000 000 10X  1




旧チームから寺田・皆賀・左官・土井の好打者がズラリと残った強打の徳山商工打線を翻弄した投手。

下松先発の神本投手(2年)です!

b0341242_20590270.jpg
b0341242_20585379.jpg


ストレートの球速はMAXでも120K前後と思われますが、ダイナミックな投球フォームで徳商打線に真っ向勝負を挑んだ神本投手。
中盤の6回まで強打の徳商打線を散発4安打の無失点に抑える好投を見せてくれました。
7回以降スタミナが切れて来たのかボールが高めに抜け始めましたが、本当に良く投げてくれましたね。

まるで蝶が舞っているかの様な投球フォームの神本投手。

私は彼の投法を『バタフライ投法』と名付けたいと思います!!
再会を楽しみにしてますので頑張ってくださいね~、神本君♪


下松・神本投手の好投に負けじと力投した徳山商工新エース・寺田投手(2年)。
ノビのあるストレート主体のピッチングで、見事な完封勝利を挙げております!

b0341242_20584277.jpg
b0341242_20583373.jpg


旧チームではセンス抜群の巧打の遊撃手と言う印象が強かった寺田選手。
投手としても素晴らしいセンスを持っておりますね!
まだ線は細いものの今後身体が出来てくれば球威・球速も伸びて来ると思います。
県屈指の大型右腕投手への成長を期待したいと思いますので頑張ってくださいね~♪


徳商・寺田、下松・神本両投手の好投により両チームとも無得点で迎えた終盤の7回裏。
息詰まる投手戦に終止符を打ったのはやはりこの男でした。
徳山商工・四番の皆賀選手(2年)です!

b0341242_20580283.jpg


この回の徳商の攻撃。
球威・制球力の落ちてきた神本投手に対し、先頭の1番・土井(2年)がライト前安打で出塁。
続く厚東(2年)が手堅く送り一死二塁。
3番・寺田がライトフライに倒れてツーアウト。
打席に入った4番・皆賀の強烈な打球が投手強襲安打となり徳山商工待望の先制点&決勝点となりました!

b0341242_20581222.jpg
b0341242_20582072.jpg



辛うじて勝利を収めた徳山商工の次戦は打撃好調の岩国総合です。
徳商・寺田vs岩国総合打線、好勝負を期待しております!


b0341242_20592385.jpg
b0341242_20591441.jpg
b0341242_20574374.jpg
b0341242_20573181.jpg
b0341242_20570703.jpg
b0341242_20571880.jpg

最後にもうひとり選手を紹介します。

下松の切込隊長(1番)山本れい選手です!

b0341242_20565312.jpg
b0341242_20564348.jpg
b0341242_20563359.jpg


この試合5打数4安打の大当たりで私に鮮烈な印象を残してくれた山本れい選手。
大会パンフの登録選手名簿に名前が記載されておりませんでしたので、大会直前に登録された選手だと思われます。
思い切りの良いバットスイングに適確なミート力、本当に素晴らしかったです!
次回再会時にも素晴らしいバッティングを私に見せてくださいね~♪

ジョビンでした♪


[PR]

by jobin33375 | 2014-09-27 23:13 | 高校野球(2014年秋季山口県大会) | Comments(1)
2014年 09月 27日

岩国総合vs大島商船(平成26年度山口県体育大会地区予選)


【試合結果】

大島商船 000 00  0
岩国総合 850 6X  19
(5回コールド)

ここ数年、なかなかの好チームを作り注目度急上昇中の末藤監督率いる岩国総合
注目の秋季大会初戦は5回コールドの圧勝で好先良いスタートとなりました!


立ち上がりの初回、6本の長短打に相手のまずい守備も重なり、一挙8得点を挙げて勝負を決めた岩国総合。
次戦は村田監督率いる赤丸急上昇中徳山商工との対戦となりました。
県東部地区の今後の勢力図を占う上でも注目の一戦です!
好勝負を期待したいと思っております!

一方、大敗を喫した大島商船は先発の伊藤投手(2年)の立ち上がりが全てでした。
先頭打者からいきなり長短4連打を浴び、その後続いた味方の守備の乱れに動揺が隠せなかった伊藤投手。
おそらく頭の中が真っ白になってしまったのでしょうね。
なかなかアウトが取れない状況の中、大きく深呼吸をし牽制球を何度か投げて少しでも心を落ち着かせる努力をして欲しかったですね。
一昨年、小嶋・寺本・亀井たちの自分を追い込む猛練習を知り、陰ながら応援して来た私。
現役選手のみなさん、先輩に負けない様ぜひ頑張ってくださいね!


b0341242_19361741.jpg
b0341242_19360672.jpg
b0341242_19350531.jpg
b0341242_19345228.jpg
b0341242_19340603.jpg
b0341242_19335400.jpg
b0341242_19334249.jpg
b0341242_19332470.jpg
b0341242_19330853.jpg
b0341242_19325034.jpg
b0341242_19323815.jpg
b0341242_19322269.jpg
b0341242_19321152.jpg
b0341242_19315266.jpg
b0341242_19313832.jpg



それではまた。

ジョビンでした♪


[PR]

by jobin33375 | 2014-09-27 20:14 | 高校野球(2014年秋季山口県大会) | Comments(0)
2014年 09月 26日

柳井商工vs周防大島(平成26年度山口県体育大会地区予選)


【試合結果】

周防大島 000 000 000  0
柳井商工 000 010 00X   1


本日、業務都合により急遽休日となりましたのでビジコム柳井スタジアムへ行って来ました。
(関係各位の皆様、残念ながら明日は出勤となりましたので御了承ください)


周防大島・西山柳井商工・嶋津の両チームのエースによる息詰まる投手戦となったこの試合。
試合中盤に挙げた1点を柳井商工が守り切り、見事に二回戦進出を決めました!
両チームのエース、本当に素晴らしかったです!


本日の柳井商工勝利の立役者は、やはりこの選手です。
9回を投げ切り見事な完封勝利を挙げた嶋津投手(2年)です!

b0341242_18372823.jpg
b0341242_18371656.jpg


この試合の嶋津投手、低めに決まる変化球の制球が抜群でしたね。
変化球でカウントを稼ぎ、打者の胸元を突く伸びのあるストレートで内野ゴロの山を築いて行った嶋津投手。
(外野フライはわずかに4つ、残りは三振と内野ゴロでした)

ここ数週間、調子を落としていると聞き心配しておりましたがさすが伝統ある柳井商工のエースです。
本番迄にきっちり調子を整え、本日素晴らしいピッチングを披露してくれました!

試合後に短時間ですが彼と話をする事が出来ました。
表情の明るさが大変印象に残っております。
時おり天に視線を向けながら試合を振り返っていた嶋津投手。
彼の視線の先には、県決勝大会の津田スタジアムのマウンドが描かれていたのかもしれません!
心身共に充実している嶋津投手の今後の活躍に期待しております!!

わずか1失点ながら敗戦投手となった周防大島・西山投手(2年)
彼も強烈な印象を私に残してくれました。

b0341242_18370268.jpg


恵まれた身体から繰り出されるストレートはかなりの球威がありました。
この試合立ち上がりから球が高めに浮き、制球に苦しんでいた西山投手。
ボール3となる場面が多かったものの、チカラのあるストレートで要所を締め好投してくれました。
西山投手、打者としても良いものを持ってますね。
この日の全打席(打順は四番)、初球から積極的に打ちに行っていた西山投手。
中途半端なスイングは1回も無く、全てフルスイングでした!
打席に立つのが楽しくてしょうがない、そんな印象を私に残してくれた西山投手。
今後、打者としての西山投手にも注目して行きたいと思っております♪

さて、試合の方ですが5回裏に柳井商工が挙げた得点がこの試合両チーム唯一の得点&決勝点となりました。

先頭の六番・嶋津、七番・濱崎(1年)が連続死球で出塁。
八番の森岡(1年)が手堅く送って一死二三塁。
このチャンスの場面で九番・三田(1年)が見事なスクイズを決めてくれました!

b0341242_18380508.jpg
b0341242_18375661.jpg
b0341242_18374767.jpg


三田君、見事なスクイズでした♪
今後も柳井商工躍進の為に、どうか頑張ってくださいね!!


b0341242_18363412.jpg
b0341242_18362332.jpg
b0341242_18361352.jpg
b0341242_18354882.jpg
b0341242_18353547.jpg
b0341242_18344893.jpg
b0341242_18351988.jpg
b0341242_18350728.jpg


本日勝利した柳井商工の次戦はシード校・柳井です。
同じエンジ色のユニフォームの伝統校同士の熱き戦い、どうか頑張ってくださいね~♪

それではまた。

ジョビンでした♪


[PR]

by jobin33375 | 2014-09-26 20:16 | 高校野球(2014年秋季山口県大会) | Comments(0)
2014年 09月 25日

岩国商vs光(平成26年度山口県体育大会地区予選)


【試合結果】

光   000 000 000  0
岩国商 100 010 00X   2


岩国商・中田(2年)、光・内田(2年)の両エースの投げ合いとなったこの試合。
両投手共に素晴らしいピッチングを披露してくれました!

b0341242_22360951.jpg

岩国商・中田。
昨年の1年生大会時とは大きくイメージチェンジした制球重視の打たせて取るピッチングで、見事な完封勝利を挙げました。
前半は120K前半~中盤、7回からはギアをひとつ上げ、120K後半のノビのある素晴らしいストレートを披露。
この試合、9回を4安打3三振4四死球のなかなかの投球内容でした。

光の内田も粘り強い我慢のピッチングで力投してくれました。

b0341242_22360050.jpg


球威はあるものの制球がいまいち安定せず、6本の安打と6つの四死球で毎回の様にランナーを出すものの要所は締めて2失点に抑えた内田。
打線の援護に恵まれず敗戦投手となりましたが、強豪・岩国商相手に良く投げてくれましたね。

岩国商の得点は、チーム屈指の勝負強さを持つこの二人が挙げたものでした。

岩国商・四番の金村(2年)と一番の横田(2年)です!

b0341242_22354667.jpg
b0341242_22353680.jpg


両選手共に本日の試合は1本しか安打を放っておりません。
しかしその1本がいずれもタイムリーと言う勝負強さは素晴らしいとしか言えませんね!

次戦の相手は渡邉・松永の二人の好右腕を擁する徳山です。
渡邉・松永vs金村・横田の対決に注目したいと思っております!

b0341242_22345493.jpg
b0341242_22351506.jpg
b0341242_22343266.jpg
b0341242_22341193.jpg
b0341242_22340191.jpg
b0341242_22342070.jpg
b0341242_22335132.jpg



最後にひとり選手を紹介しておきます。
本日の試合で強く印象に残った岩国商の山本(1年)です!

b0341242_22331841.jpg
b0341242_22330939.jpg


1年制ながら3番・一塁手でスタメンで出場した山本。
第一打席では右中間を破る三塁打、第三打席はライト前安打、そして最後の四打席目にはあわやホームランかと言う
大きなライトフライを放っっております!

この男、間違いなく【持ってる男】です(キッパリ)
今後も注目して行きたいと思っております!!

ジョビンでした♪


[PR]

by jobin33375 | 2014-09-25 23:43 | 高校野球(2014年秋季大会) | Comments(0)
2014年 09月 25日

徳山vs新南陽(平成26年度山口県体育大会地区予選)


本日は勤務が午前中で終了しましたので、急遽津田メモリアルスタジアムへ行って来ました。
球場に到着すると、徳山vs新南陽の試合が終盤を迎えておりました。
あまり撮影出来ませんでしたが、本日の試合の模様を紹介しますね!


【試合結果】

新南陽 100 000 000  1
徳山  200 011 03X  7



6回終了時点で徳山が4-1とリードしているものの両チームの安打数は共に5本と互角でして、新高(新南陽)が善戦してる印象を受けました。

徳山の先発・松永(2年)は、今日は珠が走ってなかったですね。

b0341242_17102514.jpg

台風通過の影響か、本日の津田スタジアムは本当に暑かったです。
その暑さの影響もあってか、彼の良い時のピッチングを100とすれば今日の投球は70と言ったところでしたね。

新高(新南陽)のマウンドには二番手の松原(1年)が上がっておりました。
b0341242_17101289.jpg
何回から登板したのか把握しておりませんが、強豪・徳山相手に力投してくれてました。
一冬越えて逞しく成長した松原君との再会を楽しみにしてますね!


b0341242_17095857.jpg
b0341242_17094853.jpg
b0341242_17093593.jpg
b0341242_17092428.jpg
b0341242_17090321.jpg


この試合終了後、私をの近くで観戦していた観客が他球場の結果で盛り上がっておりました。

『おいおい、熊南(熊毛南)が光丘に負けちょるワ!光丘に負ける様じゃつまらんのう。。』
『スコアはどねーなっちょるん?』
『2-1じゃの。光丘が相手ならコールドで勝たにゃいけんよのぅ。。』

その会話を聞いて思わず頬が緩んだ私。
光丘の快速右腕・西村がどうやら好投してくれたみたいですね!
b0341242_17084720.jpg
b0341242_17083624.jpg

身体は大きく無いものの素晴らしいストレートを放る西村君。
個人的に注目してる投手ですので、今後の活躍を期待しております!
ガンバレよ~、西村!!

ジョビンでした♪

[PR]

by jobin33375 | 2014-09-25 21:48 | 高校野球(2014年秋季大会) | Comments(0)
2014年 09月 24日

激闘!プレイバック!聖光vs柳井学園(第94回全国高校野球選手権山口大会二回戦)

第94回全国高校野球選手権山口大会二回戦

【試合結果】

聖光   000 001 003  4
柳井学園 000 000 011  2


2012年7月21日、ビジコム柳井スタジアム。
快腕・矢澤を擁し優勝候補No1の呼び声高い第一シード・柳井学園聖光が挑んだこの試合。
初戦の防府商工戦、延長12回の大熱戦を制し(1-0)勢いに乗る聖光に対し大会初戦となる柳井学園。
下馬評では柳井学園圧倒的リードの声が多かったものの、聖光のエース・有海を高評価していた私は接戦になると予想。
結果は戦前の予想を覆し、聖光が見事な勝利を挙げました!

勝利校歌斉唱後、応援席に向かって駆けてくる聖光の選手の姿は本当に輝いておりました。
今でもその光景をはっきり憶えております!

と言う事で本日は激闘!プレイバック!聖光vs柳井学園をお届け致します!


b0341242_17285623.jpg
b0341242_17284739.jpg
b0341242_17394903.jpg
b0341242_17282307.jpg
b0341242_17283645.jpg
b0341242_17281302.jpg
b0341242_17280325.jpg
b0341242_17273390.jpg
b0341242_17271800.jpg
b0341242_17270150.jpg
b0341242_17264237.jpg
b0341242_17263424.jpg
b0341242_17253021.jpg
b0341242_17252263.jpg
b0341242_17251385.jpg
b0341242_17250217.jpg
b0341242_17245321.jpg
b0341242_17244138.jpg
b0341242_17243271.jpg
b0341242_17242406.jpg
b0341242_17241129.jpg


[PR]

by jobin33375 | 2014-09-24 18:34 | 高校野球(激闘!プレイバック) | Comments(0)
2014年 09月 23日

コンビニでのちょっと間抜けな話


私はお好み焼きが大好きです。
みなさんご存知の通り週末は県内各地を駆け回ってる私ですが、色んな土地でお好み焼き屋さんを見つけると時間の許す限り必ず立ち寄るようにしています。
私が食した県内のお好み焼き屋さんで、ここは美味い!と思ったお店を紹介しますと、

まずは岩国市の『そば玉や』さんですね♪
このお店が現在のところMy favorite No1(お気に入りNo1)のお店です!
同じ岩国市のお店ですが、岩国商父母会様と飲みに行った時Tさんがお店に連絡して届けてくださった
『鉄板空間堂』さんのお好み焼きも美味しかったですね~♪

みなさん、美味しいお好み焼き屋さんの情報がございましたら是非連絡お願いしますね~♪

b0341242_19503445.jpg



さて、本題へ入ります。
この話は私が長崎から山口へ戻った直後位の話ですので、今から5年位前の出来事です。
周南市のロックタウン内の『かわ本』でお好み焼きを食べた帰りに近所のコンビニへ寄りました。
店内に入り、缶コーヒーを手にレジへと向かった私。
馴染みの二十歳位の可愛い店員さんが笑顔で私に向かって指を立てます。
彼女はいつも私がこの店で煙草を買うのを知ってまして、指を立てたのは一箱ですか?二箱ですか?と言う意味でした。

『今日は一箱でいいよ♪』
『ハイ、分かりました♪(可愛らしく)』

レジで支払いを終え笑顔で軽く会釈をし店を出ようとしたその時、背後から私を引き止める彼女の声が。。

『お客さん・・・ちょ、ちょっと待って貰えますか?』

顔を赤らめながら彼女が私に話しかけます。
周りに客がいないのを確認した後、伏し目がちに私の方に近づいてくる彼女。

(おいおい、何だよいったい。。)

顔を真っ赤に染めた彼女は私の顔を見つめています。

(ヤバイ。。こりゃ絶対にオレの携帯かアドレスを教えて下さいってパターンじゃな。。)

『あのー、大きい声じゃ言えないんですケド。。』

恥ずかしそうにそう呟く彼女。

(・・・ちょっと年が離れ過ぎとるんじゃねーか?この子はひょっとしたらファザコンなのか?)

と思いながらも期待に胸を膨らます私。

『何だい?話って(低音のバリトンを効かせながら)』

周囲をもう一度確認した後、私に顔を近づける彼女。
小柄な彼女に合わせて腰を低くし彼女と向き合う私。

『さぁ、言ってごらん。どうしたの?(低いバリトンで)』

そしてついにその時がやって来ました。
彼女が小声で私に言った言葉、それは。。



『お客さん・・・前歯に青のりがついてますよ』



ジョビンでした♪


[PR]

by jobin33375 | 2014-09-23 20:26 | ジョビン語る | Comments(2)
2014年 09月 22日

カラオケモデル時代の話


金は無いものの好奇心だけは人一倍強く、まだ見ぬ世界を求め目の前に出現する『未知なるドア』を片っ端から開けまくっていた大学時代。
(ちなみに私の通っていた大学は福岡の九州産業大学です。経営学部・産業経営学部でした)

勇気を持って『未知なるドア』を開け、一歩踏み出したものの

『これじゃない!オレが求めているものは。。絶対にもっと面白い世界があるはずだ!!』

この繰り返しだった私の大学生活。

全身傷だらけになりながらも後ろを振り返らずに色んな事にチャレンジして行った私。
本当に色んな経験をして来ました。

バイト先の雀荘で修羅場に巻き込まれそうになった事。
青春を謳歌したカラオケモデル時代の天国と地獄の体験。
ホテルのバーのバイトで多くの方の人生模様を聞いた日々。
中洲の街の住人との忘れられない交流の日々。
etc。。

えー、本日はカラオケモデル時代の忘れられぬ話を紹介します。


モデルになったきっかけ、それは天神を歩いていてスカウトされたんです。


『すみません。私こう言うものですが、カラオケビデオのモデルに興味ありませんか?(と、名刺を差し出す男性)』
『モデル?興味ないなー。。て言うか、何でオレなの?』
ショーケン(萩原健一)の愚か者よって歌のモデルを探してたんです。ショーケン・松田優作系の人を探してましてあなたが目に留まったんです』

b0341242_19022119.jpg

※参考画像:撮影当時の私です(若いな~・笑)


『ふ~ん(興味無さ気に)』
『ギャラは悪くないんで是非お願いしたいんですが、どうですか?』
『幾らなの?ギャラは』
『一日拘束で1、2本撮影して日給33,333円です!業界の三並びです。もちろん当日支払いますよ!』

(結構良いバイトじゃんか♪モデルの仕事も面白そうだしこれはやるしかないじゃろ!)

『演技は素人じゃけど大丈夫ですかね?』
『大丈夫ですよ♪こう言う言い方は悪いけど映画を撮るんじゃないですから』
『OK,分かりました。やってみましょう♪えー、オレの連絡先は・・・』


と言う事でカラオケビデオに出演する運びとなった私。
私のモデルデビュー作が今話した萩原健一の『愚か者よ』で、他には憶えているところでは長渕剛の『泣いてチンピラ』とんねるずの『おらおら』
ハウンドドッグの『ローリング』モッズの『激しい雨が』あと演歌系も出たしちょっぴりエッチなアダルト系も出ましたね。

と言う事で本題に移ります。
話はデビュー作の『愚か者よ』での話です。
カラオケビデオと言ってもひとつの作品ですからスタッフが結構いるんです。
監督ももちろんいますし照明係、タイムキーパー、通行整理をする人等総勢7~8名はいましたね。
脚本も当然ありまして、トラブルに巻き込まれた飲み屋の女を私が助け、敵対する暴力組織と戦い
疲れを引きずりながら女の待つ飲み屋に帰った私をその女が射殺すると言うストーリーでした。

助けた女に殺されると言う、まさに【愚か者】の役割を演じた私。
本当の地獄はここから始まりました。。

私を射殺した相手役のモデルさんは私より8歳年上の本当に綺麗な方でした。
早朝から始まった撮影のラストシーンを撮り終えた時、日付が変わっていたのを憶えております。

(想像以上にキツかったな。。NG連発やったし。Oさん(相手方のモデルさんの名前)に挨拶しとかなきゃ・・)


『Oさん、お疲れ様でした。すみません、NG連発でこんな夜中まで掛かっちゃって』
『いいのよ、ジョビン。誰でも最初は緊張して舞い上がってしまうものなのよ。私も最初はそうだったわ。。』
『そうなんですか。。また違う作品でぜひお会いしたいですね。それではまた』
『待って、ジョビン。。』
『はい?なんですか?』
『これ私の家の電話番号。大橋に住んでるの。暇なときにでも一度電話をちょうだい。ジョビンはどこに住んでるの?』
『オレは和白ですけど。大学の近くのマンションで一人暮らししてます』
『そうなの。。ま、一度電話ちょうだい。今日は疲れたでしょ?気をつけて帰るのよ』
『はい。それじゃまた。お疲れ様でした』

彼女は綺麗でお金も結構持ってまして、親しく付き合う様になってから飲みに連れて行ってくれたり
旅行(沖縄)に連れて行ってくれたりと本当にお世話になりました。

が、しかし・・・

付き合いだして半年後位に彼女に関する衝撃の情報が耳に飛び込んだのです。

実は彼女は某組の親分さんの女だったんです。


おかしいとは思ってたんですよ、実は。
中洲や親不孝通りでは絶対に飲まず、香椎や雑餉隈で飲むケースが多かったですし飲んでいてもお店にお客さんが入って来ると
必ず振り返って確認してましたからね。。

そんなこんなで私と沖縄旅行へ行った事が親分さんにバレてしまい、香椎駅で張っていた舎弟二人に捕まり事務所に連れて行かれた私。
そりゃ怖かったですよ、正直言って。半殺しで済めば良い方だろうと思っておりました。


『お前か・・・Oと沖縄に行ったのは本当か』
『・・・(言葉が出ない私)』


長い時間沈黙の時が流れ、それを断ち切ったのは舎弟でした。

『コラー、きさん!何ちゅうことをしてくれたんじゃコラ!!ええかげんに白状せんかゴラーー!!』
『・・・』
『何か言えやコラーー!顔上げんかいゴラーー!!(と私の襟首を掴む)』


舎弟と目が合った私。目を吊り上げて凄む舎弟の顔を見て


(この人の顔、カマキリに似てるな。。)


絶体絶命のピンチにも関わらず、思わず頬を緩めてしまった私。

b0341242_21055498.jpg



『何でオレの顔を見て笑うとやーー!!きさん、ナメとっとかーー!!』


懸命に凄む舎弟の姿を見ながら、何故か落ち着きを取り戻した私。
舎弟を無視して親分さんに視線を向け、


『今更嘘を言っても仕方ないです。沖縄に旅行へ行ったのは事実です。』
『・・・・・』
『旅行はその一回きりですが、月に3回位は飲みに連れて行ってもらってました』
『お前なんばしよっとか、コラーー!!(と、舎弟が叫ぶ)』

『・・・お前目が泳いで無いけど空手か何かやっとるんか』
『プロスタイルレスリングをやっております。UWFみたいな格闘技です』
『おお、九産大の有名なアレか』
『そうです。』
『ワシらも中洲祭りの時にお世話になっとるからの・・・(段々表情が変わって行く親分さん)ヒンズースクワットは何回やるんか』
『基本は500回です。北九でやる玄海荒波合宿の時は1000回やり切ります』
『そりゃ凄いのぅ。お前今日暇か?よかったら今晩オレに付き合え』
『分かりました。お付き合いさせて頂きます』


ひょんな事から親分さんと意気投合した私。
この親分さんには長い事可愛がって頂きました。
本当に色んな事を学ばせてもらい今でも感謝しております。


『未知なるドア』を開けるのには勇気がいります。


何故ならドアの向こうに何が待っているのか見えないんですから。


『ボクは冒険なんかしたくない。家でゲームしてる方が楽しいし安全だもん♪』


そう言う考え方はもちろん悪い事ではありません。
でもですね、勇気を持って一歩踏み出す事によって大きな喜びや感動を味わう事がある事も事実なんです!

知の巨匠・立花隆先生の本の中にこう言う話が書かれておりました。


遥か昔、森にいた猿の群れの中の一匹が仲間に問いかけます。

『森の先の地平線の先はいったい何があるんだろう。。おい、一緒に見に行こうぜ!』
『ボクは行かないよ。ここにいれば水もあるし木の実もたくさんあるから不自由しないからね。それに森の中は暖かいし』
『それもそうだけど、あの先にはもっと素晴らしい世界があるかもしれないぜ!オレ、ちょっと行って来るわ!』

その猿は安住の地を捨てて勇気を持って一歩踏み出しました。
彼の行く手には数々の困難が待ち受けておりました。

大きな川が立ちはだかった時には木でいかだを造り向こう岸へ渡りました。
食料が周りに無い時には罠を仕掛け、小動物を捕獲したり魚を捕って空腹をしのぎました。
寒さに耐え切れない時には火を起こし暖を取りました。

立花隆先生曰く、

森にとどまった猿は今でも猿のままだ。
勇気を持って一歩踏み出した猿、彼らは幾多の困難を乗り越え多様な経験を重ね進化を遂げて行った。
すなわち彼らが人間の祖先となった連中だ。


勇気を持って未知なるドアを果敢に開け、一歩踏み出して行く若者を私は今後も応援し続けたいと思っております♪


最後にお世話になった親分さんと一緒にキャバレーで聴いた曲をUpしときます。

マリーンのレフト・アローン(Left Alone)です。

動画の中の野村宏伸が私で、鹿賀丈史が親分さん、倍償美津子がOさん。。かな?

えー、ちなみにこのLeft Aloneの意味は、左の孤独ではありません(笑)
このLeftはLeave(離れる)の過去形です!
離れて行って孤独になった、一人ぼっちになってしまった、そんな感じの意味です。
受験生のみなさんは良く憶えておきましょう。
テストに出るかもよ(笑)

と言う事で今日はこのへんで。

ジョビンでした♪





[PR]

by jobin33375 | 2014-09-22 22:42 | ジョビン語る | Comments(3)