jobin33375の日記

jobin33375.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2015年 08月 22日

岩国工vs岩国(平成27年度山口県新人大会岩柳地区ブロック決勝戦)


【試合結果】


岩国工 001 111 000 002  6
岩国  000 000 031 000  4
(延長12回)


積極果敢なチャレンジ野球


優勝した岩国工をひと言で表すならば上記の言葉がぴったりだと思います。
バッテリーの意表を突く三盗やWスチール等の足を使った攻撃に、タイムリー・犠牲フライ・スクイズを絡め
序盤から着実に得点を重ねて行った岩国工。
一方、レギュラー選手を4名スタメンから外して試合に臨んだ岩国は6回から原田、白石等の主力選手を登場させ
あっという間に同点に追いついたのは流石でしたね!

岩国に傾いた試合の流れを断ち切ったのは8回途中からマウンドに上がったエースの西本投手(2年・主将)でした。

b0341242_18194999.jpg


この試合、一塁手として先発出場しタイムリーを含む2本の長短打を放ちその存在感を観衆に見せつけていた西本選手。
打撃も素晴らしかったのですが、私が最も印象に残ったのは特別延長に突入した10回裏のマウンド上での彼の行動でした。

特別延長ルールにより無死1、2塁でのスタートとなったこの場面で彼は守備に就いた仲間に向かってこう叫びました。



『さぁ、行こうか!』


b0341242_18194034.jpg



この言葉を耳にした時、思わず胸が熱くなった私。
主将でエースの西本投手からのこの言葉を聞いた選手はこの時どんな気持ちになったのでしょうか。

『さぁ行きましょう、キャプテン!』
『絶対に無得点に抑えましょう、キャプテン!』
『ボクんとこにボールが来る配給をお願いします!絶対にアウトにしますよキャプテン!』


無死1、2塁の場面で岩国選手の送りバントをさばいて三塁へ送球する西本投手。
タイミングは完全にアウトでしたがこれを三塁手が落球し無死満塁の絶体絶命の場面に追い込まれた西本投手。


(・・・こりゃさすがに終わったみたいじゃな。。でも岩国工もよう頑張ったのぅ)


私を含め、球場に足を運んだ観衆の誰もがそう思ったに違いありません。

ですが、何と。。

この場面で西本投手が渾身の気迫の投球を見せ、見事に無得点に抑えました!!


b0341242_20134342.jpg
b0341242_20134910.jpg
絶体絶命のピンチを凌いだ選手を総出で迎える岩国工の控え選手


この回の攻防がこの試合の大きなポイントとなり、延長12回の大熱戦は岩国工の見事な勝利となりました!


以下、この試合で印象に残った選手を数人紹介致します♪


先発投手としてマウンドへ上がり、7回まで散発5安打の無失点に抑えた岩国工・村木捷悟投手(2年)。
力のあるストレートと共に彼の笑顔が大変印象に残っております。

b0341242_18192450.jpg
b0341242_18191654.jpg


同じく岩国工の江越一輝選手(2年)。
2013年度の岩国主将の江越亮太選手(現・福岡大)の実弟と言う事で注目していたのですが
この試合安打こそ1本でしたが守備面では非常に安定してましたね♪(ちなみに守備位置はお兄ちゃんと同じ二塁手)

b0341242_18185928.jpg

この試合、3安打と活躍した岩国工の切り込み隊長(1番打者)迫田将彰選手(2年)。
思い切りの良いバットスイングが大変印象に残っております。
延長10回裏のあわやサヨナラの場面でのセンターフライ二連発の際、捕球してからの動作、内野への返球が素晴らしく
チームのピンチを救った事も書き加えておきますね!

b0341242_18184220.jpg


一方、惜しくも敗れはしたものの、終盤の怒涛の追い上げに底力を見せつけた岩国にも
印象に残る選手がいました。

b0341242_18174225.jpg

この試合、途中出場ながらも攻守に存在感を見せてくれた白石諒汰選手(2年)。
彼が6回から守備に就くとその存在感からか岩国内野陣の空気が一変しましたね。
層の厚い岩国で旧チームからレギュラー選手として活躍していた白石選手。
新チームでは内野手から捕手へコンバートされた模様ですが、今後も注目して行きたいと思っております。


b0341242_18173257.jpg

1年生ながらこの大事な試合に先発出場し、2本の安打(1本はタイムリー)と四球を2つ選び
チームに貢献した三宅一生選手(1年)。
有名ファッションデザイナーと同姓同名と言う事も印象的でして、彼の存在は私の脳裏に刻み込まれました♪
今後の活躍を楽しみにしておりますんで、どうか頑張ってくださいね!


b0341242_18172156.jpg

こちらも1年生ながらこの大事な試合に先発出場した沼田大広選手(1年)。
柳井中時代に好右腕・河本健太(現・熊毛南)とバッテリーを組み活躍した印象が強く残っております。
試合中にベンチの河口監督から何度か大きな声で指導を受けていた沼田選手。
今は経験を積む時期ですので、あせらず腐らず一歩一歩着実に経験値を高めて行って欲しいと思っております!

同じ1年生で中学時代から応援していた日下歩紀(平田中)、海野裕貴(付属光中)の両投手も
今大会で公式戦デビューを果たし素晴らしい結果を残してくれております。
今後の活躍を楽しみにしておりますのでどうか頑張ってくださいね!


と言う事で、以下『激闘の記憶』をUpしておきますね♪


b0341242_02574073.jpg
b0341242_02594402.jpg
b0341242_02595561.jpg
b0341242_03001014.jpg
b0341242_03005215.jpg
b0341242_03002080.jpg
b0341242_03010442.jpg
b0341242_03011278.jpg
b0341242_03012157.jpg
b0341242_03013021.jpg
b0341242_03014116.jpg
b0341242_03015369.jpg
b0341242_03020276.jpg
b0341242_03021417.jpg
b0341242_03022524.jpg



最後にひと言。

岩国工の山中一成監督、優勝おめでとうございました!


b0341242_18180291.jpg

山中監督とはコーチ時代の4年前、好右腕・久根本投手を擁し秋季中国地区大会八強進出の時に知り合い
以後何かとお世話になっておりました。

b0341242_03064095.jpg
久根本 翼投手
b0341242_03065313.jpg
当時の選手たち


この試合、ベンチからの山中監督の冷静な指示は大変印象に残っております。


ピッチャー、ここ落ち着いていけよー

内野~、ここは声を出す時じゃないかなー

おーい、頭を切り替えろよー


黄色いメガホン越しに穏やか声で出される適格な指示は、時に浮き足出しそうになっていた選手たちを落ち着かせておりました。

山中新監督率いる岩国工の今後の更なる躍進を期待しております!!

それではまた。

ジョビンでした♪

b0341242_03023334.jpg


[PR]

by jobin33375 | 2015-08-22 03:38 | 高校野球(2015年8月~)
2015年 08月 18日

速報!岩国工優勝!(平成27年度山口県新人大会岩柳地区ブロック)


【試合結果】


岩国工 001 111 000 002  6
岩国  000 000 031 000  4
(延長12回)


本日、仕事が午前中で終わったので急遽ビジコム柳井スタジアムへ参戦して来ました!
岩国工の選手並びに関係者の皆様、優勝おめでとうございました!!

取り急ぎ試合結果と激闘の模様をUpしておきますね~♪

b0341242_18293467.jpg
b0341242_18292431.jpg
b0341242_18291014.jpg
b0341242_18290063.jpg
b0341242_18284162.jpg
b0341242_18282724.jpg
b0341242_18275973.jpg
b0341242_18275068.jpg
b0341242_18273284.jpg
b0341242_18271494.jpg
b0341242_18265868.jpg
b0341242_18263703.jpg
b0341242_18262301.jpg


[PR]

by jobin33375 | 2015-08-18 18:43 | 高校野球(2015年8月~)
2015年 08月 17日

周南クラブ三年Bチームvs下松クラブ(第3回津田恒美杯中学軟式野球大会)


この試合は小雨の降り続く悪天候でしたので撮影と試合展開の記録が満足に出来ませんでした。
ちなみに本日もビジコム柳井スタジアムまで足を運んだのですが、激しい降雨で試合中止になってしまいました。
今夏は天候に泣かされ続きで参っております。。

さて、試合の方ですが結果は試合後半に打撃が爆発した周南クラブ三年Bチームの圧勝に終わっております!


【試合結果】


周南クラブ三年Bチーム 000 031 2  6
下松クラブ       000 000 0  0



周南クラブ三年Bチームの先発は県No1の安定感を誇る小林由聖投手(熊毛中・3年)でした!


b0341242_17410890.jpg
b0341242_17405709.jpg


小林投手のピッチングを見るのはこの試合で三度目でしたが過去最高の投球だった様に思いました!
最速128Kを記録したストレートに持ち前の抜群の制球力で下松クラブに付け入る隙を与えなかった小林投手。
6回で降板するまで許した安打は2本で無四球、三振も6個か7個奪ったと記憶しております!
来春以降、高校野球の現場でも相当な活躍が期待出来る小林投手、本当に期待しておりますのでどうか頑張ってくださいね♪

一方の下松の先発・藤井雄大投手(久保中・3年)もなかなかのピッチングを見せてくれました。

b0341242_17402799.jpg


ノビのあるストレートを中心に4回まで1安打?無失点の快投を見せてくれた藤井投手。
5回にヒットと二つのエラー、スクイズ等で3点を献上しこの回で降板しましたが本当に良く投げてくれたと思いましたね♪
下松地区では久保中、末武中は好選手を輩出する学校との印象が強いので今後も追っかけて行きたいと思っております。

藤井投手を継いで6回から登板した吉原裕太郎投手(下松中・3年)も印象に残りましたね!

b0341242_17401193.jpg


長身・眼鏡の吉原投手、球速表示は115~118Kが大半でしたが力のあるストレートを投げておりました!
何かの【予感】を感じさせてくれた吉原投手。
今後の頑張り次第では注目される選手になる可能性を秘めていると思いますのでどうか頑張ってくださいね~♪

以下、少ない写真の中から『激闘の記憶』をUpしておきますね。

それではまた。

ジョビンでした♪


b0341242_19444970.jpg
b0341242_19444071.jpg
b0341242_19443080.jpg
b0341242_19441791.jpg
b0341242_19441096.jpg
b0341242_19430835.jpg
b0341242_19425897.jpg
b0341242_17404571.jpg
b0341242_19424526.jpg
b0341242_19423480.jpg


[PR]

by jobin33375 | 2015-08-17 19:48 | 中学野球(2015年3月~)
2015年 08月 16日

周南クラブ三年Aチームvs防府クラブ(第3回津田恒美杯中学軟式野球大会)


今年で3回目の開催となった津田恒美杯中学軟式野球大会。
秋季県大会予選で敗退した多くの3年生選手にとって、今大会が中学時代最後の大会となる節目の大会です。
高校野球の新人大会へ行くべきかと一昨日まで迷ったのですが、最終的に私は本大会の方を選択しました。
(明日はビジコム柳井スタジアムで高校野球新人大会を観戦致します!)

本日、お盆休みで帰省中の甥っ子、姪っ子の対応を一旦抜けて現場入りした関係で3試合だけ観戦して自宅に戻らざるを得なかった私。
決勝戦を観戦出来なかった事が悔やまれますが、その点はご了承頂きたいと思います。

それでは本日の第一試合、周南クラブ三年生Aチームvs防府クラブの模様をお届け致します!

まずは試合結果から。



【試合結果】


周南クラブ三年Aチーム 010 000 1  2
防府クラブ       000 000 0  0



両チーム共に放った安打は3本ずつの緊迫した投手戦となったこの試合。
周南クラブ勝利の立役者は何と言ってもこの選手ですね。

磯村飛鷹投手(富田・鼓南中・3年)です!

b0341242_20313387.jpg
b0341242_20312457.jpg


打力には定評のある防府クラブを相手に低めを丁寧に突いてしっかり打たせて取って行った磯村投手。
6回迄を1安打1四球4奪三振とほぼ完ぺきなピッチングを披露してくれました♪

この磯村投手、ピッチングだけで無く打つ方でも頑張ってくれました。
1-0で迎えた7回表、二死1、3塁の場面で打席に立った磯村投手。
ここで貴重なレフト前タイムリーを放ってくれました!

b0341242_20311204.jpg
b0341242_20310222.jpg


1-0で迎える最終回と2-0で迎える最終回は雲泥の差があります。
この一撃はチームはもとより自分も助ける会心の一撃でしたね~♪(ニッコリ)

磯村投手以外で目に付いたのは遊撃手の有井大芽選手(富田・鼓南中・3年)です!

b0341242_20295017.jpg


この試合、難しい当たりの内野ゴロを三度華麗に処理してくれた有井選手。
彼の守備力が周南クラブの勝利に大きく貢献してくれたと私は思っております!


一方、敗れた防府クラブの方ですが戦力的には周南クラブと差は無かったと思います。

投手陣は先発した福田珠蓮(桑山中・3年)、二番手で登板した安松良太(国府中・3年)の両投手も力のあるストレートを投げておりました。


b0341242_20293322.jpg
福田珠蓮投手
b0341242_20292354.jpg

安松良太投手


注目の県内屈指の好左腕、田中未来投手(華陽中・3年)は本日は中堅手で出場してレフト線への二塁打を1本放っております!


b0341242_20291010.jpg
5月末のクラブ大会の時の田中未来投手
b0341242_20285838.jpg

本日の田中未来選手


本日は不発でしたがパワフルな打撃に定評のある延永喬平選手(華陽中・3年)も頑張ってくれてました!

b0341242_20283231.jpg


最後に登場するのは5月末の山陽小野田市のクラブ大会で印象に残ったこの選手、中田裕人選手(桑山中・3年)です!


b0341242_20282000.jpg
b0341242_20280617.jpg


高校生と見間違う様な立派な体格の中田選手。
先日の実戦形式の練習(試合?)で防府スポーツセンター野球場で場外本塁打を放ったと聞いております!
両翼92mの球場でしかも軟式で場外まで運んだと言うのは私は未だかつて聞いた事がありません(キッパリ)
本日の試合でもレフト前へのクリーンヒットを放っている中田選手。
来春の進学先を含めて今後要注目の選手ですね!!


と言う事で、以下この試合の『激闘の記憶』をUpしておきますね♪

頑張った選手のみなさん、お疲れ様でした!

来春、高校野球の現場での再会を楽しみにしてますね~!

ジョビンでした♪

b0341242_23104995.jpg
b0341242_23104215.jpg
b0341242_23103575.jpg
b0341242_23102890.jpg
b0341242_23101968.jpg
b0341242_23101203.jpg
b0341242_23100451.jpg
b0341242_23095442.jpg
b0341242_23214147.jpg
b0341242_23214837.jpg
b0341242_23215844.jpg
b0341242_23220513.jpg
b0341242_23221232.jpg
b0341242_23221869.jpg
b0341242_23222514.jpg
b0341242_23223257.jpg
b0341242_23223965.jpg
b0341242_23224775.jpg
b0341242_23335791.jpg
b0341242_23335119.jpg
b0341242_23334444.jpg
b0341242_23333644.jpg
b0341242_23333006.jpg
b0341242_23331320.jpg
b0341242_23330594.jpg


[PR]

by jobin33375 | 2015-08-16 23:39 | 中学野球(2015年3月~)
2015年 08月 12日

高川学園リトルシニアvs筑後ドジャース(第20回下関マリナーズ大会)


この試合の私の最大の注目ポイントは、リトルシニア日本代表に選出された噂の快腕・前原健人投手(3年)を見る事でした。
しかし・・・残念ながらこの試合は外野手としての出場となり前原投手のピッチングを見る事は出来ませんでした。
前原投手を見る事が出来るのはおそらく卒団大会を残すのみだと思われます。
何とか調整して観戦し、ブログにUpしたいと思っておりますのでみなさん楽しみにしててくださいね!

それでは試合レポートに移ります。
試合結果は下記の通りです。



【試合結果】


高川学園リトルシニア 010 083X 12
筑後ドジャース    000 300  3
(6回コールド)



高川学園(高校)と全く同じノーサイン、エラーや四球で得たチャンスを確実に物にし1試合に必ずビッグイニングを作る等
いわゆる高川野球はリトルシニア(高川学園中等部)にも深く浸透しておりました!

2回に久保田選手(2年)の右中間二塁打で先制するも4回に安打と二つのタイムリーエラーで3点献上し逆転された高川学園。
逆転された直後の4回、相手投手の制球難(5つの四球)に連打を重ね一挙8点を挙げ一気に逆転に成功しました!

出場選手のほぼ全員が得点に絡んでおりましたので、敢えて個別の選手のピックアップは今回は致しません。
出場した選手の頑張りは最後の『激闘の記憶』にて紹介したいと思います!

あ、一人だけ紹介しておきますね。

この試合で先発し、6回を投げ切った大重勇人投手(3年)です!


b0341242_20165914.jpg


ダイナミックなトルネード投法から繰り出されるストレートを中心に素晴らしいピッチングを披露してくれた大重投手。
球威のあるストレートもなかなかのものでしたが、特筆すべきは抜群の制球力ですね!


b0341242_16484826.jpg
b0341242_16480508.jpg

打者の内外角を抜群の制球力で攻め、しっかり打たせて取っていた大重投手。
球威・球速も更に伸びてくるでしょうから今後が非常に楽しみな投手ですね♪

以下『激闘の記憶』をUp致しますね♪

b0341242_18164381.jpg
b0341242_18170363.jpg
b0341242_18171380.jpg
b0341242_18173358.jpg
b0341242_18174500.jpg
b0341242_18175441.jpg
b0341242_18180185.jpg
b0341242_18181761.jpg
b0341242_18182594.jpg
b0341242_18183435.jpg
b0341242_16531117.jpg
b0341242_16532907.jpg
b0341242_16534059.jpg
b0341242_16535454.jpg
b0341242_16540616.jpg
b0341242_16541649.jpg

それではまた。

ジョビンでした♪


[PR]

by jobin33375 | 2015-08-12 16:56 | 中学野球(2015年3月~)
2015年 08月 10日

岩国ヤングホープスvs西福岡メッツ(第20回下関マリナーズ大会)


まず最初にひと言。
甲子園で見事な初戦勝利を挙げた下関商の選手のみなさんおめでとうございました!!

録画とTVのニュースで熱戦も模様を見させてもらいましたが痺れましたよ♪
雷雨による中断、延長戦突入そして最後は劇的なサヨナラ勝利!!
選手のみなさん、本当によくやってくれました!

聞くところによると下関商吹奏楽部はコンクールと日程が重なってしまい甲子園入りが出来ず
急遽全国から吹奏楽部OBが集結し見事な演奏を披露してくれたとのこと。

吹奏楽部OBのみなさん、本当にありがとうございました!
甲子園でプチ同窓会が出来たのも選手が頑張ってくれたからこその話です。
選手のみなさんに感謝ですね~♪

下関商の夏はまだまだ続きます!
次戦も是非頑張って欲しいと思っております!!


下関商が熱戦を演じた8日の土曜日、くしくも私は下関で行われた中学硬式の大会へ参戦しておりました。
中国・九州地区から32チームが参加して行われた第20回下関マリナーズ大会。
組み合わせ表を見ると、岩国ヤングホープスと高川学園リトルシニアが同一会場での試合になっておりましたので
そちらの会場(下関中央工業)へ参戦する事にしました!

まずは岩国ヤングホープスの試合の結果から。

岩国ヤングホープス、見事な勝利をあげてくれました!



【試合結果】


西福岡メッツ    011 010 1  4
岩国ヤングホープス 113 100 X  6



この試合で印象に残った4人の選手を紹介しますね!

まずはこの選手から。
3打数3安打2打点と大活躍だった藤井夢心選手(2年)です!

b0341242_20261052.jpg
b0341242_20252705.jpg


この試合、2番セカンドで先発出場した藤井選手。
初回に左中間を破るタイムリー三塁打を放ちチームに勢いをつけてくれました!
相手投手と対峙した時のが眼光の鋭さが大変印象に残っております。
まだ2年生なので来年も楽しみな選手です!


続いては4番でチームリーダーの松尾龍乃選手(3年)です。

b0341242_20244039.jpg
b0341242_20243177.jpg


久し振りに見た松尾選手の印象は身体がかなり絞れていたと言う事でした。
親しくさせて頂いてる父母会様に私が話し掛けます。

『松ちゃん(松尾選手)なんかえらいスリムになった様に見えるんですが、かなり絞ったんですかね?』
『ああ、確かに身体は少し絞ったみたいですね。でもですねジョビンさん。スリムに見えた理由はもうひとつあるんですよ』
『と言いますと?』
『身長が伸びたんですよ♪(ニッコリ)』
『あ、なるほどそう言う事でしたか♪(ニッコリ)』

中学三年生と言えば育ち盛りですから父母会様の言葉に納得ですね♪
この試合、3回表に目の覚めるようなセンターオーバーのタイムリー二塁打を放った松尾選手。
同点に追いつかれた直後のこの一撃が、結果的にこの試合の勝利打点となりました。
頼れる主砲の松尾選手。やはり素晴らしい選手ですね~♪


育ち盛りと言えばショートの清水玲央選手(2年)も大きくなってましたね♪

b0341242_20240155.jpg
b0341242_20241527.jpg


昨年日本ハムへドラフト2位で入団した清水優心選手(九州国際大付)の実弟である玲央選手。
まだ線は細いものの身長はかなり伸びた印象を受けましたね。
この試合、1番打者で出場し見事なクリーンヒットを2本放った玲央選手。
身長もさることながら、打撃の方も順調に伸びて来てるみたいですね♪
まだ2年生の玲央選手。藤井選手と同じく来年以降もも楽しみですね!


最後に紹介するのはこの試合で観客の度肝を抜いたこの選手です。
河合 藍投手(3年)です!

b0341242_20233657.jpg
b0341242_20232260.jpg



4月のホークスカップ予選以来の久々の再会でしたが、この男やはり凄いです!(キッパリ)
この試合、外野手で先発出場してましたが3回途中から救援投手としてマウンドへ上がり素晴らしい投球を披露してくれました!
対戦相手の選手、父母会様からも驚きの声が上がったその唸りを上げる球威のあるストレートは大台(130K)に到達したとの情報も入っております!

現役の県内の中学生で120K後半~130Kのスピードボールを投げる投手は、私が把握してるだけでも
高川学園リトルシニアの前原健人、華陽中の田中未來、東中の平田昴大、佐波中の古屋投手がいますが、この四人に加えて
この河合投手の来春の進学先にも要注目ですよ、みなさん!

以下、この試合の『激闘の記憶』をUpしときますね♪

それではまた。

ジョビンでした♪

b0341242_18302480.jpg
b0341242_18301652.jpg
b0341242_18295985.jpg
b0341242_18295193.jpg
b0341242_18290719.jpg
b0341242_18284118.jpg
b0341242_18274687.jpg
b0341242_18273708.jpg
b0341242_18272787.jpg
b0341242_18270766.jpg
b0341242_18262004.jpg
b0341242_18255750.jpg


[PR]

by jobin33375 | 2015-08-10 18:39 | 中学野球(2015年3月~)
2015年 08月 07日

いよいよ明日出陣!頑張れ下関商!!


明日の第四試合、いよいよ下関商が甲子園で初戦を迎えます!
相手は北北海道代表の白樺学園。
投手力も打撃力も良い好チームみたいですので厳しい戦いが予想されますが好勝負を期待したいですね!

明日の試合はタイプの異なる三人の投手をどう繋いでいくかと言う点がまず第一のポイントだと思われます。
先発jは間違いなくエースの森元だと思います。

b0341242_18433340.jpg

精神面での成長が著しいと聞く森元投手。
カメラのファインダー越しに捉えた表情には彼の負けん気の強さが表れておりました!
低めの変化球の制球が安定してくれれば右打者の内角をえぐるストレートも生きてきますので
そのあたりに注目してみたいと思います!


打者の方ではやはり3番の冨岡に注目ですね!

b0341242_18431681.jpg

県予選を勝ち上がる毎に県を代表するスラッガーへと成長を遂げていった冨岡選手。
冨岡選手の最大の魅力は何と言ってもその勝負強さだと思っております。
明日の試合、終盤の大きなポイントとなる場面で打席が廻って来る予感がしている私。
もし私の予感が的中したらその時は一発頼みますよ、冨岡選手!!


あと、こちらもビビビと来たので掲載します。
下関商の9番の前寺選手です。

b0341242_18430560.jpg

9番打者と言う事もありどちらかと言うと地味な印象の前寺選手ですが、何かやってくれそうな予感がしてるんですね。


b0341242_18425459.jpg

下関商ナインのみなさん、甲子園で校歌を斉唱してくれる事を祈っております!!
どうか頑張ってくださいね!!


b0341242_18424512.jpg
b0341242_18423559.jpg
b0341242_18420968.jpg
b0341242_18415267.jpg
b0341242_18412069.jpg

[PR]

by jobin33375 | 2015-08-07 19:35 | 高校野球(2015年選手権山口県大会)
2015年 08月 04日

光丘vs大島商船(第97回全国高校野球選手権山口大会1回戦)


好右腕・西村投手(3年)を擁し夏の本戦久々の勝利に挑んだ光丘。
投手力は計算出来るも攻撃力に関しては決して高いとは言えず、一抹の不安を抱えていましたが
終わって見れば10安打7得点と打線が爆発し7回コールドの圧勝となりました!


【試合結果】


大島商船 000 000 0  0
光丘   420 100 X  7
(7回コールド)


身体は決して大きく無いものの球威のあるストレートは県東部地区では上位にランクされる光丘のエース西村投手。
過去の試合、立ち上がりに制球を乱し失点するケースが多く初回の投球を注目しておりましたが、四球をひとつ与えたものの
無失点に抑える好スタートとなり、2回以降も好調なピッチングを続け5回途中までノーヒット、終わってみれば
7回を1安打8奪三振の見事な完封勝利となりました!

b0341242_15002102.jpg
b0341242_14595891.jpg

光丘・西村惇哉投手(3年)


この試合最速132Kを計測した西村投手。
今後進学するのか就職するのか把握しておりませんが、おそらく野球は続けてくれるのではないでしょうか。
更なる進化を遂げた西村投手との再会を楽しみにしてますね♪

そうそう、この試合の翌日、会場当番で球場に光丘ナインが来ておりました。
どちらかと言うと無口でクールなタイプの西村君が私の姿を見つけて自ら歩み寄り、ニッコリ笑顔で会釈をしてくれました。
試合に勝利した事が本当に嬉しかったんでしょうね。。
私も本当に嬉しかったですよ♪


打撃陣の方では初回の4番・上村選手(3年)の先制2点タイムリー三塁打が非常に大きかったですね!


b0341242_14593730.jpg
b0341242_14592480.jpg
b0341242_14591425.jpg
初回先制のタイムリー三塁打を放った上村大輔選手(3年)


4番の一撃で波に乗った光丘打線はその後も安打を連発し着実に得点を重ねて行きました。
チームに勢いを付けた上村選手のバッティングが光丘勝利の大きな要因であったと言えると思います!

b0341242_14590355.jpg
b0341242_14584417.jpg
b0341242_14583462.jpg
b0341242_14581460.jpg


そして迎えた7回表、最後の守備につく光丘ナイン。
スタメンを外れベンチから選手に声援を送っていた主将の岩崎選手が三塁の守備位置へ向かって駆け出しました!

b0341242_16122677.jpg
守備に就いた岩崎優也主将(3年)

体調不良で点滴を打ってこの試合に臨んだ岩崎主将に西村投手が駆け寄り笑顔でポンと肩を叩きます。
応援席、ベンチからも大きな拍手と声援が送られます!
みんなキャプテンの登場を待ってくれていたんですね。。(涙)
ある意味、この試合のハイライトと言っても良い素晴らしいシーンでした。。



そしてついにこの瞬間が訪れました。

光丘、5年振りの夏の校歌斉唱です!!


b0341242_16121588.jpg
b0341242_16120490.jpg

応援スタンドには在校生や父母会様は勿論、卒業生も多数応援に来られておりました。
今春野球部を卒業した水津、秋吉、白井、女子マネの葛原、安野さんの姿も見えました。

グランドの選手と一緒に大きな声で校歌を歌う野球部OBの面々。
その中の一人が右腕で何度も顔を拭っておりました。
したたり落ちる汗を拭っていたのか、それとも。。。


b0341242_16115672.jpg

応援スタンドに向かって全力で駆け出す光丘ナイン。
みんな素晴らしい笑顔です!!

b0341242_16102595.jpg
b0341242_16101184.jpg

頑張る選手をいつも優しく見つめていた女子マネの坂本さん。
その仲間が声高らかに誇らしげに校歌を歌う姿に感極まり涙が止まりません。。


夏の高校野球、やはり素晴らしいですね!
来年も再来年もこの感動を体験するために頑張ります!!

それではまた。

ジョビンでした♪


b0341242_16584063.jpg
b0341242_16583234.jpg
b0341242_16581956.jpg
b0341242_16581103.jpg
b0341242_16574381.jpg



[PR]

by jobin33375 | 2015-08-04 17:05 | 高校野球(2015年選手権山口県大会)
2015年 08月 03日

防府vs柳井商工(第97回全国高校野球選手権山口大会1回戦)


季節外れの台風の影響で予定が大きく狂ってしまった今年の夏。
入部直後から青春の日々を共に過ごした多くの選手の最後の夏を見届ける事が出来なかった悔しさが今でも胸に残っております。
身体が二つ、いや三つあれば・・・と何度思った事でしょう。

実は昨年ブログの読者の若者が弟子入り志願のメールをくれたんです。ここ2年で三人目の志願者でした。
体力の低下に加えモチベーションの維持に苦労し始める等の諸問題もあって、本格的に後継者を育成しなければならないと思い懸命にその若者を指導した私。

その結果は・・・

写真は何とか撮れるけど、ジョビンさんみたいな表現力・描写は僕にはやはり無理ですとの事で残念な結果になってしまいました。
と言う事で老体に鞭打って(笑)秋からも頑張って行きますので今後もよろしくお願い致しますね!

本日は大会初日、ビジコム柳井スタジアムで行われた防府vs柳井商工戦をお届けいたします!


【試合結果】


柳井商工 000 000 000  0
防府   002 202 00X  6



両チーム共に攻撃力のある事に加え、主戦投手の状態が芳しく無いとの情報を事前に入手しておりましたので
6、7点あるいはひょっとしたら二桁得点の壮絶な打撃戦となるかもしれないと予想していた私。
結果は予想外の展開となり、防府の圧勝に終わりました。

防府の勝因は先発の森本投手(2年)の好投に尽きると思います!

b0341242_16190698.jpg

防府・森本兼生投手(2年)

私が森本投手を初めて見たのは今年の4月の防府市内大会の防府商工戦でした。
エースの梨木投手(3年)を継いで4回から登板し最後まで投げ切り見事に勝利投手となった森本投手。
サイド気味の投球フォームから繰り出される力強いストレートが大変印象に残りました。

あの日から約三か月、大事な夏の本戦の先発のマウンドに上がった森本投手は更なる進化を遂げておりました。
球威抜群のストレートが唸りを上げ、打撃力のある柳井商工相手に5回ツーアウトまでパーフェクトの完璧なピッチングで
8回途中で降板するまで2安打5奪三振無失点の素晴らしい投球を披露してくれました!
新チームでは当然エースとなるであろう森本投手の今後にみなさん是非注目してくださいね♪

防府打線のキーマンは展望記事でも書きましたが、切り込み隊長の1番・岩戸選手(3年・主将)と3番の内藤選手(2年)。
この二人の活躍は想定内でしたが冨永選手(2年)も頑張ってくれました!

b0341242_16185273.jpg

3回裏先制2点タイムリーを放つ内藤大裕選手(2年)

b0341242_16183519.jpg
b0341242_16182480.jpg

4回裏貴重な追加点となるレフト線二塁打を放った冨永拓海選手(2年)


防府の主将の岩戸栄憲選手(3年)のインパクトはやはり強烈でしたね!


b0341242_16181156.jpg
b0341242_16174919.jpg

4回裏のセンター前タイムリーヒット

b0341242_16171878.jpg

6回裏のタイムリー内野安打

b0341242_16170533.jpg


岩戸選手、見た目と違って足が速いのにも正直驚きましたね。
そうそう、岩戸選手とは西京スタジアムの準決勝の現場でばったり会いました。
地区予選で敗退した他校の選手もちらほら見えまして、みんな派手目の私服姿が多かったんですが
この岩戸君はカッターシャツに学生ズボンの正装で聖地を訪れてくれました。

『よう、岩戸!防府頑張ったじゃねーか。本当にお疲れ様じゃったね』
『ありがとうございます♪(ニッコリ)精一杯やりました!』
『柳井学園を喰うなら防府と思っちょったけど本当にあと一歩じゃったな。岩戸、色んな思い出ありがとうな♪』
『ありがとうございます。あのー、ここ座っていいんですかね?(とネット裏の座席を指差す)』
『うん、エエよ。今日はゆっくり観戦してくださいな♪』

幾多の思い出本当にありがとうな、岩戸!!
お母様にもお世話になりましたとよろしく伝えてくださいね♪

b0341242_16164424.jpg
b0341242_16163043.jpg
b0341242_16161579.jpg
b0341242_16160302.jpg


おっと。。。
もう一人大事な選手を紹介しとかなければいけんかった♪
防府の最後に登場する選手、それは・・・










金子早希選手(3年)です!!

b0341242_21034624.jpg


彼女を初めて見た日の事、今でもはっきり憶えています。
一昨年の下松高校での練習試合(防府と下松と徳山の変則Wだったと記憶しております)で
1試合目が終わって車へ向かって歩いてた時、防府の選手を先導する様に小走りに歩いて来たのが金子さんでした。

(えらい小さな女子マネさんじゃなー。。んん?防府は女子マネさんもユニフォームを着るんじゃったかいな?)

ユニフォーム姿ですれ違う父母様全員にニッコリ笑顔で挨拶する彼女を見て大変好感を持った私。
もちろん私にも笑顔で挨拶をしてくれました♪

(可愛い子じゃなー♪女子マネの仕事は本当にハードじゃけどどうか頑張って欲しいな。。)


そんな彼女と再会したのは昨夏の県予選。彼女は記録員としてベンチ入りしてました。
今年の防府市内大会の時はベンチじゃなくスタンドで出会って

『ぼちぼちグランドに降りた方がええんじゃないの?』
『あ、今日はワタシこっちで応援するんですよ♪』

と、会話したのを憶えてますね。。


私は彼女を女子マネさんと思ってたのですが、後日YAB山口朝日放送の高校野球特集で彼女は男子部員と一緒に練習をする選手である事を知りました。
公式戦の出場は野球規則で認められてないものの、練習試合には過去7度出場しているとの事でした。
グランドで頑張る金子さんの勇姿を一度でいいから撮影してあげたかったですね~(しみじみと)

金子さん、いままでお疲れ様でした♪

来年の夏、後輩たちの応援にぜひ駆けつけてくださいね!
再会を楽しみにしてますよ~♪


b0341242_21025969.jpg
b0341242_21033595.jpg




一方の敗れた柳井商工ですが、投打の軸となる選手が万全の体調で試合に臨めなかった事が悔やまれます。

b0341242_17370431.jpg

開会式前のビジコム柳井スタジアム正面玄関での記念撮影の写真です。
撮影時に攻撃の要の4番・山根選手(3年)の姿が見えず、親しい父母会様に尋ねた私。

『すみません、山根がおらんですけどまだ来てないんですか?まさかスパイクを忘れて家に取りに帰ってるんじゃないでしょうね(苦笑)』

私の冗談交じりの問い掛けに、その父母会様は一瞬笑みを浮かべられたものの直ぐに真顔になって

『山根なんですが、実は・・・故障してるんです。今、痛み止めの注射を打ちに病院へ行ってるんですよ(沈痛な表情で)』
『え!山根が故障ですか!!エースの嶋津も体調が戻ってないんでしょ?』
『嶋津も万全じゃないですね・・・』
『エースと4番の状態が良くないならば今日の試合は相当キツい試合になりますよ。防府は本当に強いチームですから』
『・・・他の選手を含めてみんなで何とか凌いで行くしかないですね・・・』


エースと4番が万全な状態であってもそう簡単に勝てる相手では無いと思っていた私。
結果は残念ながら完敗に終わってしまいました。。



今から2年前の話です。
当時の柳井商工の主将・皿田選手が私に伏し目がちに呟いた事を今でも憶えております。

b0341242_17365245.jpg

当時の主将・皿田大貴選手


『ジョビンさん、1年がまた辞めちゃったんですよ。。』
『そうなんじゃ。。辞めるヤツは辞めるし残るヤツは残る。残ったメンバーで頑張って行くしかないのぅ』
『そうですね。。残った連中で頑張って行くしかないですね!』
『そういう事!ところで1年部員は何人になったん?』
『・・・4人になってしまいました。。』
『歴史ある天下の柳井商工の1年部員がたった4人かよ・・信じられんのぅ。。』
『僕らが引退してもどうか後輩たちの事をよろしくお願いします!(と頭を下げる)』
『おう、心配せんでエエぞ!オレなりのやり方で今まで通り応援して行くからの♪』
『ありがとうございます♪(ニッコリ)』
『その残った4人、辞めずに頑張ってくれればええんじゃがの・・・』


試合には敗れたものの、2年と半月頑張って柳井商工を支えてくれた4人の3年生選手のみなさん、よく頑張ってくれました!

b0341242_17363818.jpg

福永隆明選手(主将)

b0341242_17362956.jpg

嶋津貴裕選手

b0341242_17361448.jpg

山根俊也選手

b0341242_17355882.jpg

金本 陸選手


文字通り『一瞬の夏』になってしまいましたが、みなさんの頑張りに私は素直に敬意を表したいと思います!
今まで本当にありがとうございました!
来年の夏、ビジコム柳井シタジアムで再会出来る日を楽しみにしてますよ~♪


b0341242_18415743.jpg
b0341242_18414919.jpg
b0341242_18414140.jpg
b0341242_18412837.jpg


全力で戦ったものだけに許される頬を伝わる涙は本当に美しいものです。
頑張った選手も父母会様もシャッターを切る私も・・・みんな同じ色の涙を流しました。
もう二度と戻らない2015年7月11日のあの熱かった日の事をどうか忘れないでくださいね。。


最後にもう一人だけ選手を紹介しておきます。
この試合先発投手として頑張った佐々木竜也(2年)!
今夏の口惜しさを忘れずにこれから頑張って行こうな!!

b0341242_17353185.jpg


それではまた。

ジョビンでした♪


b0341242_19120836.jpg
b0341242_19115888.jpg
b0341242_19114545.jpg
b0341242_19113810.jpg
b0341242_19112032.jpg
b0341242_19111241.jpg
b0341242_19104830.jpg
b0341242_19103126.jpg


[PR]

by jobin33375 | 2015-08-03 19:20 | 高校野球(2015年選手権山口県大会)
2015年 08月 01日

大和中vs末武中(平成27年度秋季山口県中学軟式野球大会光・下松地区代表決定戦)


本日は中学軟式野球秋季県大会の光・下松地区代表決定戦を観戦して来ました。
光地区を勝ち上がった大和中と下松地区代表の末武中の対決となったこの試合。
好投手を擁するチーム同士の注目の対決は戦前の予想通りの息詰まる投手戦となり、2-1のスコアで大和中が勝利し
10月に行われる県決勝大会進出を決めました。

大和中の選手のみなさんおめでとうございます!!


【試合結果】


末武中 000 000 1  1
大和中 000 002 X  2




大和中の栗田真聡、末武中の山根康輔の両投手、本当に素晴らしいピッチングを見せてくれました!

b0341242_13485591.jpg
b0341242_13484656.jpg
大和中・栗田真聡投手
b0341242_13491396.jpg
b0341242_13490538.jpg
末武中・山根康輔投手


大和中の栗田投手は125K前後のストレートを武器に5回を3安打6奪三振の無失点。
末武中の山根投手はノビのあるストレートに鋭い変化球を交えて5回を1安打4奪三振の無失点とお互い全く譲らぬ好投で


(こりゃ両チームとも点が入る気配が全く無しじゃな。。このまま行くと胃の痛くなる特別延長濃厚じゃな・・・)


と0-0のままでの特別延長突入が脳裏を過った私でしたが・・・


迎えた6回裏の大和の攻撃。

この回1番からの好打順の大和が安打と相手のまずい守備で一死1、3塁のチャンスを迎えます!
打席に入ったのはエースで4番の栗田。
光地区予選の室積戦、0-1で迎えた最終回ツーアウト(ここまでノーヒットノーラン)で打席に立った栗田は
起死回生のミラクル同点本塁打を放ちチームに流れを引き込み、続く5番の永谷も一発を放ち土壇場での二者連続本塁打で
劇的な大逆転勝利をおさめております!

末武バッテリーも栗田のここ一番での勝負強さは把握していた様で勝負を避け、敬遠気味の四球で一死満塁。
次打者を三振に打ち取りツーアウト。

打席には6番の河﨑が入ります。

(・・・普通この場面では緊張でガチガチになるもんじゃのに、このバッターえらい涼しげな顔で打席に立っちょるのぅ。。)


顔色ひとつ変えずに平然と打席に立つ河﨑を見て私は直観しました。


(決めるのならばこの川﨑じゃな!こいつは相当強い精神力の持ち主じゃぞ!!)


打席の川﨑にカメラを向け、ズームの焦点を合わせた私。

そしてついにその時がやって来ました!!


b0341242_13483060.jpg
b0341242_13482122.jpg
b0341242_14545706.jpg

川﨑の打った打球はレフトとセンターの中間に落ちるヒットとなり、二者が生還し大和待望の先取点です!

b0341242_13480608.jpg
殊勲のタイムリーを放ち一塁塁上で笑顔の河﨑蘭丸選手


続く7回表に末武が最後の反撃で1点返すも試合はそのまま終了し、大和が光・下松地区の代表として県決勝大会進出を決めました!

b0341242_13475694.jpg
b0341242_13474720.jpg
b0341242_13463400.jpg

大和中の選手のみなさんおめでとう!
君たちの持ち味である最後のアウトまで決して諦めない強い精神力を十二分に発揮し、県決勝大会で頑張ってくださいね!
敗れた末武中の選手のみなさん、3年生は次のステージ(高校野球)在校生は中学野球の現場でまた会いましょうね!

b0341242_15333527.jpg
b0341242_15332409.jpg
b0341242_15323988.jpg
b0341242_15322876.jpg
b0341242_15311397.jpg
b0341242_15310142.jpg
b0341242_15305433.jpg
b0341242_15304590.jpg
b0341242_15303659.jpg
b0341242_15302791.jpg
b0341242_15301841.jpg
b0341242_15321979.jpg


最後に、今日現在で私が把握している各地区の代表チームを書いておきますね♪



下関地区:川中中・菊川中・東部中
山陽小野田・美祢地区:厚狭中
宇部地区:藤山中
周南地区:岐陽中・熊毛中
岩国地区:東中
山口地区:大殿中・徳地中・大内中
防府地区:華陽中
柳井地区:柳井南中
光・下松地区:大和中

萩・長門地区:日置中vs萩西中の勝者


個人的に注目していた平田中、夢が丘中、富田・鼓南中、桑山中と言った実力校が予選で姿を消しております。


強いチームが勝つのではなく勝ったチームが強い


この言葉をしみじみと噛み締めている私です。。

次回からは遅れております高校野球夏の思い出記事をUpして行きますので楽しみにしててくださいね!

それではまた。

ジョビンでした♪

[PR]

by jobin33375 | 2015-08-01 16:45 | 中学野球(2015年3月~)